最新おすすめコミック
「インゴシマ」ネタバレ最新160話~165話。真の脱出経路を探し当てろ!それを看過できない黒ギャルライダー!

インゴシマ160話161話162話163話164話165話
ネタバレ感想

インゴシマのネタバレエログロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

アイドルグループと共に捕まった小早川は催淫香の効果がもろに現れ、大勢の前で潮まで噴いて次の生贄に選ばれてしまった。

若林や橘がなんとか救出を試みようとしている頃、啓太はマオモの話から本当の脱出経路を推理していた。

 

160話161話

慌ただしく運ばれていく小早川につかず離れず、救出のチャンスを窺う若林たち。

 

同時にガモウがアキラたちを嫁にした争奪戦をぶち上げたものだから、殺気じみた活気にも包まれていた。

 

既に教え子二人を嫁にしている若林も、憧れの小早川の痴態を思い出さずにはいられない。

 

 

赤城と橘もリリパットに参戦してはどうかと促されるが、それぞれに思い描く相手がいるので丁重に断り、今は大人しく機を窺うのみだった。

 

 

 

啓太がガチャガチャとアイテムを取り出すと、高崎はすぐに玩具と判断してゲームじゃないと食って掛かるが、すぐにデバイスだと訂正されるとすぐに短気を起こし、市原に窘められ、テンプレが完成しかけていた。

 

 

すると広げたそれらをどかして今度はお手製のインゴ島の地図を広げた。

 

しっかりと把握されたマップに驚嘆の声が上がる中、啓太はカンシと呼ばれる八つの聖域にそれぞれハシラがあり、立ち入り禁止とされているそこに脱出の鍵があると噛み砕いて説明していった。

 

 

そのカンシでブッコダマを起こすのを八か所でしなければならないのだが、その一つはここマオモの砦がそうだろうと推察した。

 

 

直後、マオモがタイミング良くぬっと現れ、啓太の興味深い仮説の先を促した。

 

啓太の考えは、カムの柱がカンシにあるのは人の足では近づきにくいか厳重に警備されている、或いはその両方の場所であること。

 

そこで島外からくるものをオメグミというありがたいものとされている以上、また島外に持ち出されるのはあってはならないことになる。

 

 

オメグミ流出の可能性が高いのはブッコダマを起こすこと。

 

それが禁足地のカンシにあるのなら、女王の姉妹で独立自治権を持つマオモ領がカンシだとしても筋は通っている。

 

するとサイコとまんじゅうもその意見に賛成してマオモへの感謝を示すが、冗談か本気かとにかくすっかり打ち解けている仲を見せつけた。

 

 

ここがカンシだとして幸先よくブッコダマを起こせても、残り七か所は間違いなく命懸けで殺し合いになる可能性が高い。

 

すると高崎は相変わらず後先考えずに頭に血を上らせ、邪魔すればヤリ合うだけで、コリオ軍も使ってうまくやればいいと言い出した。

 

 

それをまた市原が窘めようとするが、啓太も戦いは避けられないだろうと同意した。

インゴシマを読むならこちら