(黒猫ブログは広告掲載中)
最新おすすめコミック

2.5次元の誘惑エロシーン
ネタバレ感想特集

2.5次元の誘惑のネタバレエロ無修正前画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

男子が一人キリだった漫研に美少女後輩が入って来たことで動き出す、ハードオタクたちのラブとエロとコスプレの青春物語…

 

 

2.5次元の誘惑1巻

先輩たちが卒業して一人になった漫研部の奥村。

 

別れがあれば出会いもあるが、まさかかなりの美少女後輩が入部するなんて思いもしなかったし、負けず劣らずのエロ耐性を持っているのにも驚かされた。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑1巻

 

 

それが天乃リリサとの出会いだった。

 

 

二人に共通しているのは重度なオタクであること、そしてリリエルというキャラへの深い愛。

 

自分でコスプレしてROMを作るのが目標なリリサのためにカメラマン役を引き受ける奥村だが、パンチラ胸チラを当たり前に見せられるのは、この時はまだ刺激が強すぎた。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑1巻

 

 

圧倒的可愛さ、最限度、無防備さ。

 

それで激エロなポーズなんてされたら、起つなと言うのは酷な話。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑1巻

 

 

下乳丸見えの下からアングル。

衣装が擦りつけられて浮き上がる乳首。

そしてパージするファスナーと飛び出す生乳。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑1巻

 

 

セック〇がおっぱじまってもおかしくない初撮影を経た二人は、衣装がない時でも放課後の教室で撮影をば。

 

スカートをたくし上げて体育座りパンチラ、眼鏡を探して前屈み胸チラからのラッキースケベ。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑1巻

 

 

そして1巻の内に、奥村ラブな超絶美少女幼馴染みの読モちゃんも登場し、微乳を露わにして誘惑するのだった…

 

2.5次元の誘惑2巻

幼馴染み美少女もオタクの集いに参戦するようになり、非オタとしてリリサの熱意と圧に押されっ放し。

 

想い人がいる部屋で、裸になるのはこれが初めてに違いない。

 

二人が合わされば、棒状の物を一緒に舐めたりともう着エロ状態。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー2巻

 

 

いつ乳首がポロリしてもおかしくない紐状の衣装だから、やっぱりおはだけして彼も原作を再現してしまう。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー2巻

 

 

ROMを作ってイベントに出るため、死に物狂いで張り切り出した先輩後輩。

 

この頃からリリサは奥村への好意を自覚し始め、オシャレなんかにも興味を抱き始め、私服でのパンチラなんかはまだまだ油断も多いが、見せパンなら問題なしと、男心はまるで理解していない。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー2巻

 

 

初めてのイベント参加、高まる自己肯定感と準備不足を痛感し、新参者だと思い知るリリサ。

 

しかしリリサは初参加から、コスプレ業界に新風を巻き起こすことになった。

 

圧倒的可愛さや最限度、エロ可愛さはもちろん、コスプレへの愛と言葉にできない惹きつけられる魅力に溢れているからだが、好奇心でリリエルになった美花莉も負けていなかった。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー2巻

 

 

2.5次元の誘惑3巻

まだまだ先の話だが、文化祭の話題で始まる第3巻。

 

まずはリリサのエロメイド姿で先の展開が暗示される。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー3巻

 

 

 

文化祭、コスプレカフェ、どじっこメイドの生乳ダイブ。

 

イベントで知り合った先輩カメコとコスプレイヤーにリリサとの関係を相談した奥村が、新たなステージに到達しようかという時、漫研に部室明け渡しの通達が届いた。

 

ろくに活動実績がなく当然の処置にあたふたする二人が助けを求めたのは、かつてコスプレ四天王と呼ばれた内の一人で、今や同校の先生になっている魔乳ことまゆら先生だった。

 

リリサのとんでもない愛らしさとエロ可愛さにメロメロになったまゆら先生は顧問の座に就き、彼女の人脈により、他の四天王とも繋がりができるように。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー3巻

 

 

その一人目は、オールラウンドに超可愛くプロコスプレ界を牽引する753だった。

 

 

そして明かされるまゆら先生のコスプレヒストリーと、仲間との絆。

 

かつて四天王と呼ばれた彼女のダイナマイトボディは、まだまだ半端じゃない。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー3巻

 

 

2.5次元の誘惑4巻

共に違う感じでコスプレ愛が強すぎて、相容れない初対面になったリリサと753。

 

その不穏な関係を加速させるようにリリサの衣装が紛失してしまうと、まゆら先生はかつて教え子に憧れられた姿で現れ、先輩として教師として励まし導いていく。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー4巻

 

 

もちろんリリサを一番勇気づけたのはパートナーの奥村だが、先生のひと肌脱ぎ具合の粋さは止まらない。

 

先生が魔乳まゆらとして束の間の復活を遂げて場を持たせた後、涙を拭いたリリエルが登場し、新時代の幕開けを予感させる。

 

リリエルの楽し気な様子は、今の753にはないものだった。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー4巻

 

 

コスプレイヤーとして活動し始めた頃の自分を思い出したプロの753は、新人後輩に触発され、ただ楽しむだけのパフォーマンスで囲みを盛り上げていく。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー4巻

 

 

オタク活動に邁進し過ぎて、リリサに出会った日に初恋をした大人の753。

 

プロコスプレイヤーとして肌を見せる羞恥心はもう麻痺しているが、果たしてちょい肉付きのいい身体に疑問を抱く美的感覚はまだあった。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー4巻

 

 

2.5次元の誘惑5巻

結果的に大成功と大盛り上がりに終わったリリサと753のせめぎ合い。

 

753に恋されたことなんて奥村が知る由もない中、リリサは他の参加者からもやんややんやと褒めちぎられていた。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー5巻

 

 

こうした部としてちゃんとした活動実績を作り、部室使用継続の許可を得つつ、これからもひっそり世間的に匿名でコスプレ活動していくことになったリリサ。

 

まゆら先生は良き先駆者として、奥村を巡る恋の動きに要注目しながら、美少女たちを教え導いていく。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー5巻

 

 

下乳丈。

 

一定以上の巨乳レベルの女子しか使用することも知ることもないパワーワードが出てきた後、ネットでは新星レイヤーとしてリリエルが5位にランキングされており、その一つ上の4位、クールビューティーノノアとすぐ後に出会うことになる。

 

ノノアもガチもガチのオタクで、コミュニケーション下手の友達いないタイプで、おまけに健康が心配になるほどスレンダーボディ。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー5巻

 

 

そんなショートカット美少女はリリエルと友達になりたい思いが溢れ、本心ではガッツリお近づきになりたいのだが、トラウマのせいで相反する行動を取ってしまう。

 

 

イベント中には見せられなかった、衣装の中の本気パンティ。

 

久しぶりの部室での二人きり撮影では、割れ目が透けて見そうなほどの接写はもちろん、Tバック尻までアピールするリリサであった。

2.5次元の誘惑

著者名:橋本悠 引用元:2.5次元の誘惑セミカラー5巻

 

2.5次元の誘惑を読むならこちら