最新おすすめコミック
「サイコ×パスト猟奇殺人潜入捜査」ネタバレ最新5巻。幼なじみの苦悩…絶海の孤島で女子大生に忍び寄る魔手!

サイコ×パスト猟奇殺人潜入捜査5巻
ネタバレ感想

サイコ×パスト猟奇殺人潜入捜査(raw pdf危険)のネタバレ最新エロ画像、感想、あらすじ、無料で読む方法を紹介。

 

洗脳の技術を持った危険な少年により引き起こされた怪死事件。

裏の顔は変態の教師になった五代は、ヤンキー少女と共に未来の極悪犯に近づくが…

 

サイコ×パスト猟奇殺人潜入捜査5巻

幸坂の凶行の被害者でもあり、共犯でもあったサトミの本名は里水京子。

 

五代はここに駆けつけるギリギリのところで幸坂の妻の旧姓が里水だったことを思い出し、危険な関係に気づいた。

 

浅見優子の亡霊のフリをし、谷口を突き落としたのはサトミではないのかと。

サイコ×パスト猟奇殺人潜入捜査

著者名:本田真吾 引用元:サイコ×パスト猟奇殺人潜入捜査5巻

 

 

幸坂は激昂して否定し、罪をサトミに擦り付けようと醜い悪あがきをするが、彼女が思い出すのは幸坂に利用され拷問を受けた苦しく悲しい記憶。

 

それよりもっと前、子供の頃の彼は純粋に優しかったことも思い出し、これ以上、幼馴染みに凶行を起こさせず、自分も言いなりにならないために罪を告白し始めた。

サイコ×パスト猟奇殺人潜入捜査

著者名:本田真吾 引用元:サイコ×パスト猟奇殺人潜入捜査5巻

 

 

確かに幸坂には従ってしまったが、谷口の死はあまりに不幸な事故だった。

 

すると幸坂はついに自分の手を汚してでも五代を殺す覚悟を決めて襲いかかるが、そこにいたのは汚く脅してくる変態教師ではなく、怒りに燃える好戦的な警官であり、昭和らしい容赦ない体罰で幸坂はあっさり返り討ちに。

 

そして五代は未来から来た刑事で、今後も悪行を行えば必ず制裁を加えると脅しつけ、仕上げに潜ませていたマスコミを登場させ、おぞましい罪を白日の下に晒してやった。

サイコ×パスト猟奇殺人潜入捜査

著者名:本田真吾 引用元:サイコ×パスト猟奇殺人潜入捜査5巻

 

 

こうして未来の凶悪犯罪を未然に防ぎ、一人の少女を闇から引きずり出すことに成功し、五代は現代に戻った後、また飛高の得体の知れない企みを感じながら、未来が確かにいい方向に変わっていることを実感したのだった。

 

 

 

後日、五代は飛高の企みを知るために、過去の事件の関係者と接触するだろうと踏んで尾行することにした。

 

しかし外に出ても自分の趣味を楽しんで街ブラしているだけにしか見えなかった矢先、コンビニで堂々と万引きして男が出てきたのだが、以前、現代に戻って来たばかりの五代を脅した謎の男とそっくりだった。

 

犯罪を見過ごせない意味でも五代はそいつを追いかけ、地下鉄に逃げ込むギリギリで捕まえたのだが、背負っていたのリュックには爆弾が仕込まれていたのだ。

サイコ×パスト猟奇殺人潜入捜査

著者名:本田真吾 引用元:サイコ×パスト猟奇殺人潜入捜査5巻

 

 

あわや爆発テロに巻き込まれるかに思えた刹那、しれっと追いかけていた飛高が起爆スイッチを取り上げて事なきを得た。

 

 

結局、飛高の企みは分からず仕舞い、ただ爆破未遂犯もシリアルキラーカードになっており、地下鉄爆破テロを未然に防いでいたことになる。

 

果たして飛高は未来の事件さえも見れるのか、それとも未遂犯の行動をどこからかキャッチしただけなのか。

サイコ×パスト猟奇殺人潜入捜査

著者名:本田真吾 引用元:サイコ×パスト猟奇殺人潜入捜査5巻

 

 

飛高の謎が深るばかりで五代が困惑する中、当の本人はそこらのシリアルキラーも真っ青な闇を抱えていた。

サイコ×パスト猟奇殺人潜入捜査を読むならこちら