終末のハーレム23話
ネタバレ感想

最初の感染者の妻に話を聞きに行ったが、けんもほろろに追い返された。

どうにかしておばあちゃんの気持ちを変えたい。

心を溶かす糸口を見つけられるのか?

https://kuroneko0920.com/archives/16829

 

アニメ化へ近づくボイスドラマ

終末のハーレムのボイスドラマが公開されている。

彼や彼女たちがどんな声で息を荒くしているのか、是非チェックしてみよう。

 

 

魅惑の健康診断

怜人は再び谷口おばあちゃんのところに話を聞きに行くが、やはり態度は変わらず頑なに話そうとしてくれない。

 

こんなとこに来る前に、せっせと子作りに励むべきだろうと当然のことを言い返され、グウの音も出ない怜人に代わって、麗亜が彼は目覚めてから一度も女性と致していませんとやんわりと答えてくれた。

終末のハーレム23話

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

じいさんを愛していたおばあちゃんは目の前の若者に怪訝な目を向けつつ、ちょうど病院にいることだし健康診断を受けてもらおうと言い出した。

終末のハーレム23話

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

彼が性的に不能な可能性も考えたが、もし全ての数値で自分よりよければじいさんのことを話してやると提案してくれた。

 

 

さっそく診察着に着替えた彼は、基本的な身長・体重から計っていく。

もちろんスタッフは皆、扇情的なミニスカとニーソで絶対領域を作る徹底振りだ。

終末のハーレム23話

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

彼が軽く触診を受けていた時、ばあちゃんは密かに特別な健康診断をプロデュースしていることをマリアに明かしていた。

 

 

次に視力検査を受けて、順調に上・下と答えていると、急に見慣れないピンクのポッチを指された。

終末のハーレム23話

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

それはスタッフのお姉さんの乳首だった。

戸惑う彼は答えられず、視力低下を記録されてしまった。

終末のハーレム23話

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

心電図検査のために胸にジェルを塗られ始めたが、ほっといたらパンツの中にまで伸びてきそうだった

それにしても、パンツを膨らませない彼の意思の強さをもう褒めてあげたい。

終末のハーレム23話

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

呼吸機能に移れば、なぜか隣でチュパチュパやりながらチラチラ見られる。

終末のハーレム23話

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

胸部X線では、自分の胸より背中に押し付けられている胸が気になって仕方ない。

終末のハーレム23話

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

やっとゆっくり一人で放出できると思えば朱音が摘んでくるし、頭の検査なのに下半身に手を伸ばしてくる抜け目のなさだった。

終末のハーレム23話

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+