おすすめ漫画・動画サイトの広告掲載中
最新おすすめコミック
「ゴブリンスレイヤー」ネタバレ無料最新4巻18話&19話情報。剣の乙女はそそる体つきの目隠しお姉さん!
著者名:蝸牛くも 引用元:月刊ビッグガンガン2017年12号

ゴブリンスレイヤー18話
ネタバレ感想

ゴブリンスレイヤー18話のネタバレと感想、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

新しいゴブリン退治の依頼に赴いたゴブリンスレイヤー一行。

女神官は言わずもがな、もうエルフ、ドワーフ、リザードマンとパーティを組むことはお決まりになっていた。

そして今回の依頼主は、英雄の名に相応しい金等級の冒険者、剣の乙女だった。

https://kuroneko0920.com/archives/35347

 

18話

女神官は厳かな気持ちで神殿に足を踏み入れようとしていたが、その集中を切らすかのように、ゴブスレは足音を鳴らして進み、彼女をハラハラさせた。

なぜならここは神聖な場所であると同時に、すぐ目の前に、あの剣の乙女がいたのだから。

著者名:蝸牛くも 引用元:月刊ビッグガンガン2017年12号

 

振り返った剣の乙女にさっそく依頼を受けてゴブリン退治に来たことを伝えるゴブスレと同じように、女神官以外の3人もいつもと変わらぬ様子で振舞っている。

 

魔神王のひとつを倒した金等級二位の冒険者、剣の乙女。

彼女を目の前にした女神官は緊張を隠せず、会えて光栄だと話しかけた。

著者名:蝸牛くも 引用元:月刊ビッグガンガン2017年12号

 

 

剣の乙女は目を隠していようとも、そこに誰がいるのか分かるらしく、戦士に可愛らしい神官、鱗の生えた僧侶などと呼んで歓迎の意を表した。

しかしゴブスレは必要なこと以外を聞くつもりはなく、能書きはいいなどと答えてまた女神官をハラハラさせて寿命を縮めようとする。

著者名:蝸牛くも 引用元:月刊ビッグガンガン2017年12号

 

剣の乙女はそれを無礼な態度だと怒ることもなく、頼もしく見えると言ってくれる。

 

そこで彼に一つの質問をした。

もし自分の血族が混沌に組すれば殺せるのかと。

それに彼は、自分に甥はいないと答えた。

著者名:蝸牛くも 引用元:月刊ビッグガンガン2017年12号

 

 

剣の乙女の依頼内容はこうだった。

 

一ヶ月ほど前に、使いに出した侍祭の娘が、翌朝になって切り刻まれて殺されているのが見つかった。

犯人を探す間も犯罪は続き、窃盗、傷害、婦女子暴行など後を絶たず、夜道の巡回を増やしてついに現場を押さえることに成功した。

女性を襲おうとしていた小柄な人影を切り伏せたところ、犯人の正体はゴブリンだった。

著者名:蝸牛くも 引用元:月刊ビッグガンガン2017年12号

 

 

歴史あるこの街なら地下水道も多く張り巡らされているだろうことから、ゴブスレはゴブリンの群れがそのまま地下に潜伏して夜な夜な出てきているのだろうと答えた。

剣の乙女もそう考え、地下にこの街の冒険者たちを派遣したが、誰一人として戻ってこなかった。

 

そんなとき、吟遊詩人がゴブスレの歌を唄っているのを聴き、神の導きと感じたのだった。

 

彼は自分の歌など興味はなかったが、それが巡り巡ってこうしてゴブリン退治に繋がると言われ、その効果に納得した。

 

改めて剣の乙女は依頼し、彼は彼らしい言葉でそれを受けた。

著者名:蝸牛くも 引用元:月刊ビッグガンガン2017年12号