著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年8号

ゆらぎ荘の幽奈さん95話
ネタバレ感想

ゆらぎ荘の幽奈さんの最新話、最新刊ネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

コガラシを婿に迎えるよう指令を受けた狭霧と雲雀。

狭霧はさっそく類稀なボディを活かしてスパで色仕掛け大作戦を敢行し、騎乗位や全裸やらで奮闘。

今回は、それに危機感を覚えた雲雀に夢咲先生が巻き込まれる。

https://kuroneko0920.com/archives/38362

 

95話

狭霧がコガラシを誘ってキャッキャウフフした後日の放課後。

雲雀は夢咲先生を呼び出してサキュバスの力を貸して欲しいと交渉していた。

 

スリットが入ったセクシーな先生がその理由を訊いてみると、もちろん婿争奪戦が始まったことで狭霧までライバルになったことを打ち明ける雲雀。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年8号

 

本気でコガラシが好きな雲雀はもう手段を選んでいられないと思い、卑怯だろうが偽の気持ちだろうがサキュバスパワーで彼を自分に惚れさせて欲しいと捲し立てた。

しかし、夢咲はしっかり断った。

 

でも諦めきれない雲雀は、先生もその力を使って好きな相手を振り向かせたことないの?と訊ね、それにも先生は隠し立てせずあると答えた。

でもあるからこそ、こんな力は全然いいものではないんだと声を荒げた。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年8号

 

そして先生は、我が身に宿ったこのどうしようもない誘惑の力のせいで、自分の人生がどうだったかを語り出した。

 

 

話す時でも人の目を見ないように教育されてきた夢咲は、それをちゃんと守り、そのせいでろくに友人もできずに教室の隅っこで本を読み耽っている地味で暗い少女のポジションに落ち着いていった。

それでも、好きな男子ができるのは普通の女の子と変わらず、誰にも気づかれないよう遠くから見て恋心を募らせていた。

 

そんなある時、愛しの彼とふと目が合った。

力は使っていないはずだから大丈夫だと思ったが、その視線がぶつかったことがきっかけで彼から話かけてくれ、夢心地のような嬉しさを感じられた。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年8号

 

それから何かと一緒に過ごすようになり、友達以上恋人未満な感じの絶妙な楽しい日々が始まった。

 

しかしある時、彼が友達に別に付き合ってるわけじゃないし、普段は地味で暗い女としか思えないけど、時々可愛く見えてしまうんだと夢咲のことを言っているのを本人が聞いてしまったのだった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年8号

 

意識せずとも魅了の力を使っていたんだと分かり、その後もコガラシと同じく周りが裸に見える人が出たり、夢咲を巡って男子がバトルしたりと、あちこちでトラブルを巻き起こすようになってしまう。

 

それを知った母が魔眼の力を抑える高いコンタクトレンズを買ってくれ、それをつけてからというもの、トラブルは起こらず愛しの彼もスッパリ近づいてこなくなったという。

そして母には、魅了の力が強くなり続けているから、今後裸眼で男を見たらすぐさま全裸で襲いかかってくるぞと忠告され、戦慄したのを覚えていた。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年8号

 

だから母は、魔眼の力に耐えられる男がいないこともないから、そんな相手と結ばれなさいとアドバイスした。

 

 

そんな過去と教えとコンタクトのおかげでそれから恋愛とは縁遠くなり、未だ付き合った経験もなく、だからこんな力にいいことなんてないと実感していたのだ。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年8号

 

雲雀は先生が、男を魅了してホスト遊びでもしているのかと思っていたことを謝り、じゃあ一緒に彼氏作りを頑張ろうと言って、恋愛相談できそうな身近な相手にアドバイスしてもらうことにした。

 

 

 

その相手とはアル中で最恐の鬼の一族、呑子だった。

 

場所はやはり温泉で、恋愛経験豊富だと持ち上げられるのを否定しながらお猪口を傾け、今は仕事に忙殺されて男日照だとぼやいた。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年8号