著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

インフェクション90話91話
ネタバレ感想

インフェクションの最新話、最新刊ネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

小鳥が指摘した方法で犯人が暴き出された。

しかし榎並はひよった考えの研究者たちを罵倒し、檄を飛ばし、思いの丈をぶちまけ現実を改めて突きつけた。

https://kuroneko0920.com/archives/38383

 

90話

散々罵倒した榎並は最後に、研究者たちが最後の希望で必ず保菌者騒動を解決してくれることを信じていると語り、演説を締め括った。

 

するとたちまち、会場は涙と嗚咽に包まれていった

鮫島は、それを冷めた目で眺めていた。

いや、感情の波に乗れない彼女は共感できないだけだった。

 

確かに榎並に言われたことはほぼ当たっていた。

鮫島は感情が限りなく希薄で、他人の表情や言葉から感情を読み取ることが難しく、それと共に自らの感情を表現する力も弱くなった。

それはつまり、感情に訴えかける娯楽作品や同調や協調が溢れる世間で生き辛いということに繋がる。

 

ただ、代わりに授かった天才的な頭脳で人の感情を理解することはでき、社会で生きるには問題ない程度に熱を持った人間を演じられるようになった。

 

しかし、こういう突発的に大勢の感情を揺さぶる状況になれば、成り行きに身を任せるしかなかった。

自分にはない感情でこの会場を支配した榎並に賛辞こそなくても、たった一人でこの状況を作り上げた演技力と手腕は認めざるを得なかった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

壇上の天宮教授も大粒の涙を零しながら、マイクに向かって話し出した。

如何に自分たちが甘えた生活を送っていたのかを認め、疑わしい者の拘束と平岡大学の奪還を提案した。

それで研究者たちは立ち上がり、賛成の声を上げ始めた。

 

様変わりした雰囲気の中、小鳥は胸に手を当てながら、父はきっととてつもない重圧に耐え切れずに女に逃げてしまったのだと思った。それは、自分が晴輝に愛を求め教授に父性を求めたのと少しも違わないと分かった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

憎むべき相手なのに、今はもう榎並に憧れさえ抱いていた。

 

 

大人しく手を縛られた榎並はそれでもいつもの飄々とした態度を崩さず、小鳥に父親をたぶらかして死に追いやったことを謝った。

そして、新しい父親が無理でも今なら一生ものの友達を手に入れられると、今度こそ裏のなさそうな最高の笑顔で友情を申し入れてきた。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

小鳥は吟味した。

榎並は笑顔で返事を待った。

 

その場の雰囲気に流されなかった小鳥は冷静に榎並の策謀を問い、また利用されるのを回避した。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

一度は殺そうとした相手に友情を感じるイカれた榎並の看守役を申し出た小鳥。

 

二人がほんわか殺伐とした掛け合いをしている間にも、研究者たちは平岡大学奪還作戦を具体化しようと盛り上がっていた。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

その時、外の世界から何者かが侵入し、この会場に入ってきた。

 

それはまだ幼い子供で、使命感に盛り上がっていた研究者たちに驚きが伝染していく。

その時、天宮がまた別の意味の涙を流してその子供に反応した。

その子に気づいた栄太も瞬時に号泣した。

 

無邪気な様子で中に入ってきた少女はマイクを握り、天宮教授の娘の香里だと自己紹介し、会場の流れに勢いをつけるかのように宣言しながら高く手を突き上げた。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット