著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

インフェクション
94話95話ネタバレ感想

インフェクションの最新話、最新刊ネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

天才的な香里の頭脳で保菌者騒動解決への光明が見えた後、晴輝は思いを寄せられている3人の女の子から、きららを選ぶことに決めた。

しかし、きららの姉の麗に相談すると、取り合えず日常でのデートを経験しなさいとのアドバイスをもらうのだった。

 

94話

デート前日のうららに相談した時、晴輝はどうしてきららを選んだのか問われていた。

それはらぎ姉やうららに言われたのと同じ、死地を潜り抜けるためにあえて誰か一人を選ばず全員に生きる希望を与えていたが、もう少しで日常に戻れると分かった今、3股をかけるのはただのクズでしかないと思ったからだった。

するとうららは、その考えは違うんだと呟いた。

 

そして、きららとのデートの後はちゃんと紗月やらぎ姉ともデートしなければならないと忠告したが、そうする意味は仄めかすだけで明確にしなかった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

 

そしてデート当日の朝。

 

きららは手荷物片手にゆらゆらと落ち着きなく彼とおはようと挨拶を交わし、デートプランもない突然の誘いを迷惑とも嬉しいとも言おうとはしない。

ただ、所々漏れる小さな笑い声と満面の笑みを見れば、とても喜んでいるのが十分に伝わり、彼はやはりきららが可愛くて仕方なくなり早々に愛情と興奮が高まった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

今日のデートは、訓練や任務のためにこの秋保一帯をゆっくり見て回れていない彼のために、貸切家族風呂巡りを計画してくれたようだった。

 

川に沿ってホテルや旅館が建ち並ぶ秋保温泉。

その中でまだ掃除し切れていない家族風呂がある4軒の旅館を回り、掃除がてら使用の許可をもらっているらしい。

 

家族と言うより、カップルがイチャつく用だよね、と零すきらら。

そんな台詞を吐くぐらいだから、当然彼はそういう展開になるのを期待する。

その後で温泉と可愛い彼女の癒しデート、なんて上目遣いで言われたら、もうそのことしか頭になかった。

 

今日は日常のきららを知る機会にするんだと言い聞かせていたが、見せる笑顔が一々可愛くてどうしようもなかった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

 

一軒目の旅館に着くと、きららはそこに滞在している人たちとはもう十分に打ち解けているらしく、彼氏を連れてきたことでからかわれ始めた。それで以前から彼を温泉巡りに招待しようとしていたことが暴露され、またその照れる様子に興奮が高まった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

ちゃっちゃと掃除を終わらせ、お風呂に入る時間がやって来た。

 

あの夜、一緒に見張りをした夜以来の二人きり。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

それが混浴デートなんて我慢ができるわけがないと思った直後、きららはあるモノを彼に手渡した。

それは体を洗いっこするスポンジやその後で使うゴムでもなく、メンズ用の水着だった。

 

もちろんきららもちゃんと水着を用意していて、彼も着るしかなく、なんかしっくりこないまま湯に浸かり始めた。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

水着の展開は予想していなかったが、焦らす作戦だと思えばその作戦は十分に成功していた。

 

 

素晴らしい景色が見やすい外側に移動するきらら。

家族とも来たことがない温泉旅館。初めて来たのが彼氏なんて最高だと言いながら尻を突き上げて来るのは、最早誘っているとしか思えなかった

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

心地良さそうに尻を上げ、景色を眺めているきらら。

 

彼は横にスッと並び、彼女の名前を呼ぶと、上気した顔でずっと可愛いままの笑顔が返ってくる。

彼も上気し、久しぶりに張りのある尻に手を伸ばした

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット