著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

インフェクション
96話97話ネタバレ感想

インフェクションの漫画最新話、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

きららとだけ付き合うことにした晴輝だったが、思わせぶりな混浴デートで興奮が抑えきれずに彼女の意思を無視して襲おうとしたせいで怒らせてしまった。

でも、結局彼女もデートの最後にラブホテルを予約していたのでどうにかなった。

https://kuroneko0920.com/archives/42894

 

96話

晴輝がシャワーを浴び終わるのを待っている間、きららは物思いに耽っていた。

 

カーテンを閉めて薄暗くし、どこにでもあるホテルの一室のソファに座り、よく変わり者だと言われる自分の評価に異議を唱えていた。

 

その矢先、彼が浴室からタオルで股間だけを隠した格好で出て来た。

しかも、さっきまで号泣していたのが嘘のように晴れやかな笑顔だった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

その笑顔は無理からぬものだった。

 

別れるかも知れない危機で凹みまくったからこそ、好きな人に好きと言ってもらえた幸せを実感しているのだと語る彼の笑顔に、ぶっきらぼうな言葉しか返せないきららだったが、それはキュンとさせられた照れ隠しでしかなかった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

そしてきららもシャワー浴び始めながら、らぎ姉が好きになる気持ちも分かると改めて思いながら、しかしここでまた、この歪な恋愛関係に対する他人評を思い出していく。

 

 

何人かの女性たちが、きららが三股されていると噂を聞きつけた。

 

一般的には褒められた関係ではないが、この非常時の中で築いた納得済みのことだと説明すると、ほとんどの人は深く追求してくることはなかった。

しかし、一人の年配の女性だけ怒りさえ見せて咎めてきたのだった。

 

 

そんなつい先日のことを思い出しながらシャワーを浴び終わり、待ち侘びている彼の前に立った。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

ホテルの部屋までこぎつけた彼はすっかりいい男を演じ、タオル一枚の彼女を迎えるや否や抱き寄せ、手始めにキスをする。

 

そうして何日かぶりのエッチが始まったが、きららの頭の中はまだ冷静に色々なことを考えていた。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

安全地帯が崩壊してなんとか逃げ切った後、蓮華の生死が絶望的な状況でらぎ姉の生きる気力は明らかに擦り減っていた。だから、らぎ姉に死地を潜り抜けるだけの気力を与えるため、彼と恋人関係になるよう焚きつけた。

 

そのせいで彼は二股することになったので、他人がとやかく言えるものではなかった。

 

そんな彼への贖罪の気持ちを巡らせている間も、彼はきららを啄ばみながらタオルをたくし上げて尻を揉み始めていた

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

自慢でもあり性感帯でもある尻に触れられ、きららは思わず声が漏れた

 

すると彼がこれでもかと輝く笑顔を零すので、サービスのつもりで演技入りの大きめの声を漏らそうと思い、彼のソフトタッチと優しいキスに合わせていく。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

気持ちよくさせようとしてくれているのが伝わってくるので、彼を喜ばせたいと思えた。

 

それが信頼にも繋がっていたし、信頼できるからこそ愛情が芽生えたのだった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

ついにタオルを取られ、素肌と素肌が密着しながら優しいキスで愛撫が続き、さっきよりも刺激と興奮が増していく。

 

だとしても、あの自分の考えを押し付けて怒りを露わにする女性のことが思い出される。

 

そんな相手にもそつなく対応して、自分は歪な関係でも辛くないんだときっぱり言い返した。

 

 

その気持ちは彼と二回目のエッチをしている最中でも変わらず、そろそろ主導権を奪って彼にも喘ぎ声を出させてやろうと思った。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

しかし、心の中では彼にサービスして声を出しているつもりだったが、十分に気持ちよくさせられていて足に力が入らなくなっていた

 

そしてベッドに突っ伏してしまい、結局主導権を握り返せないまま、後ろから敏感になっているところに指を入れられ、さらに腰がガクガクと震え出す。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット