著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

終末のハーレム45話
ネタバレ感想

終末のハーレム修正前の漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

第4の男が目覚める前から新章スタート。

見た目も生活も地味な30歳、木根渕善。

しがないサラリーマンの彼に細胞硬化症の症状が出始め、仕事を辞めようと思った矢先、付き合っていた彼女に妊娠を報告されたのだった。

 

45話

彼女の妊娠の報告

 

結婚する気はなかったくせにちゃっかり中出ししていた善はそれでも青天の霹靂のように驚き、言葉を失った。

 

しかし、堕胎しろなどと言うほどクズでも彼女を愛していないわけでもなく、責任を取って結婚することにした。

 

 

だからコールドスリープする前にお金をかけた式と言うほどでもないが、友達、会社関係者を招いてのパーティーを開いた。

 

純白のウェディングドレスを着たミキは幸せそうに、祝福の言葉をかけてくれる友達に応え、目尻から涙を滲ませていた。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

そんな彼女を見て、彼は不憫に思う気持ちがこみ上げた

 

自分との結婚を喜んでくれてはいるが、結婚して早々に夫が5年も病気で家を留守にするのだから、もっとヒステリックになってもよさそうなものだが、不安をおくびにも見せない。

 

彼も今のところあの時の激痛がぶり返すことなく今まで通りなので、間もなく5年も眠りにつかなければならない実感などなかった。

 

ただ、彼女の笑顔を見て、結婚の素晴らしさを少し知ることができた。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

式は滞りなく進み、あのめんどくさい狸親父病院長の挨拶の順番が回ってきた。

 

アポロン病院の安保院長というアホみたいな名前の院長がマイクの前に立ち、挨拶し始めるが、玉の輿に乗った若奥様と彼のキツい性格の女上司が話も聞かずに話し始める。

 

部下の結婚式に来てくれたお得意先の奥様にそつなく挨拶をしてお酌をし、余裕を持って若奥様はそれに応える。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

隣には、娘の恋子も座っていた。

 

恋子は可愛いタイプの新婦ミキを素直に美人だと評し、ダイナマイトボディの母はワインを流し込んで少し赤くなった顔で同意する。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

狸親父は笑いを取るためだけに下ネタをぶっこんで笑いを取り、満足気にベラベラと喋り続ける。

 

どれだけ大人に囲まれていようと彼を善呼ばわりし続ける恋子は、どれくらいコールドスリープするのかと女上司に訊ね、女上司は部下と同じように躾がなっていない小娘にも丁寧な言葉遣いで5年程だと答えてあげる。

 

躾のなっていない恋子13歳は、彼が目覚める頃には自分も十分に子供が作れる18歳になっているのだと思う。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

人目を憚らない両親のスキンシップを見せられているせいか、13歳にしては性や恋愛に興味があることを恥ずかしがらず、実質17歳上の彼を本格的に欲するようになった

 

少女が大人顔負けの略奪愛を決意したなどその場にいる誰も気づかず、彼は後輩に軽口を叩かれて苦笑いを返し、キスコールで空気を読まなければならなくなった。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

囃し立てられた新婚夫婦は寄り添い、お互いに困った顔で見詰め合う

 

しかし、これこそ一生に一度の結婚式の醍醐味かもしれないと思い、招待客の期待に応えて愛の口づけを交わした。

 

誰もが祝福し、拍手や歓声を送ってくれるが、ただ一人、女上司だけが鋭い視線を送り続けているのには気づかなかった。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+