著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

終末のハーレム修正前46話
ネタバレ感想

終末のハーレム修正前の漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

彼女の妊娠をきっかけに結婚を決めた善。

同僚や友達に祝福され、彼女から妻になったミキのウエディングドレス姿に幸せを感じていたが、コールドスリープは結婚直後だった。

そして眠る直前に女上司にキスされ、戸惑いの中で長い眠りについた。

5年後、目覚めると、最後の最後に可愛く見えた女上司がエロテロリストになっていたのだった。

 

46話

あの時から5年経っても、そもそも当時の生乳を見たことはなかったが、出芽課長の胸は風船のようにはち切れんばかりに張り詰めていた

 

その二つがくっついている上半身を恥ずかしげもなく露にしながら、出芽は聖なる奴隷として服従を誓うよう木根渕に迫った。

 

全く状況が理解できない彼はイカれた新興宗教のターゲットにされたと考えるしかなく、恐怖する。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

かつての部下として穏やかにどういうことか訊いてみたが、また聖心などと謎ワードを出され、戸惑いを募らせた。

 

 

最早男がいなくなって本当に軽くイカれてしまっているらしい出芽は、彼が5年ぶりに起きたことを理解しているのに、この状況を正確に把握できていないことにイラ立ち、熱々の焼印をチラつかせて脅しをかけた。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

が付く言葉を並べ立てられても理解できるわけがなく、彼はやっぱり恐怖しながらどうしていいか分からない。

 

彼の怯えの表情はちゃんと分かる出芽はちょっと態度を柔らかくし、今度は怪しげな煙を放つお灸のようなものを差し出してきた。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

もう、麻薬としか思えない彼。

 

なんとも言えない甘い匂いにクラクラしそうになったところに、普通にエロくていやらしい出芽が乳首と焼印を指差して舐めろと言うのだから、これはラッキーと思う前に、また戸惑いが勝った。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

何か答える前に、出芽は彼の顔を掴んで無理やり自分の乳首に彼の口元を押し付けた

 

弾力は素晴らしく、押さえつける力に比例して胸がひしゃげていく

 

彼が本能で自然と乳首を舌先で転がすと出芽は思いのほか可愛くよがり、天を仰いだ。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

そして、もう片方の乳首は優しく誘導して含ませた

 

最後は、谷間にある焼印だった。

 

彼は舌は出さず、軽く触れるようにキスをした。

 

すると彼女は子供を褒めるように微笑み、彼のできたばかりの額の焼痕をいやらしく舐め上げた。

 

瞬間、彼は股間がゾクゾクするのを感じてしまう。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

両乳首と焼印を舐め、額の焼印を舐められる。

 

それが一連の動作らしく、出芽は契約がなされたと呟き、やはり彼に詳しい説明をしようとはしなかった。

 

やはり新興宗教的なノリとしか思えないような独占欲を発揮した出芽の呟きに戦慄する間もなく、次の女が上半身をはだけさせながら近づいてきた

 

どこか、半世紀以上前のバブルを思い出させる雰囲気の女だった。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

独占欲を発揮した出芽だったが、彼を恋人扱いしたいわけでもなさそうで、あっさりとバブル女に順番を譲った。

 

なぜなら、何十人はいるテロリストウーマンたちにも、同じ乳首キスを経験させなければならなかったからだ。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

女たちは久しぶりに男に舐められるとあって、既に胸を丸出しにして息を荒げながら順番を待っていた

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+