終末のハーレム修正前47話
ネタバレ感想

終末のハーレム修正前の漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

5年ぶりに目覚めたと思えば、そこは男に飢えた女たちのテロリスト村だった。

リーダーの一人はかつての上司で、さっそく野外で強制騎乗位で挿入されてしまう。

しかも、何人いるか分からない女たちを全員孕ませるまで、自由を取り戻すことはできないと宣告された。

 

47話

病院内に作られたMkウイルス製造施設からヘリで脱出した怜人は、安全な場所に逃げる途中で絵理沙がテロリストの一人だと聞かされて驚愕した。

 

その直後、テロリストがナンバーズの一人を奪取したと報告が入り、次から次に驚くことばかりで心が休まる暇がなかったのだった。

 

 

そして今、ようやくクロエに連れられてとある場所で落ち着いて話を聞き、拉致されたのが4番目の男だと知ったところだった。

 

さらにテロリストは、ナンバー4の施設だけでなく、他にも同時多発的に何箇所かを襲撃したらしい。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

それはもちろん、ナンバーズ全員の奪取を目論んだと思われる。

 

 

仕事モードだとさすがに落ちついたテンションで淡々と話すクロエは、直接的に責任はないものの日本支部の一員であるマリアと麗亜を見ながら、日本支部の隠蔽体質を皮肉り、二人にぐうの音も言わせなかった。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

今彼が気になるのは、どうしてテロリストは危険を冒してナンバーズを奪取したのか?

 

クロエは動機をはぐらかしつつ、独裁を企んだ日本支部への反乱だろうと見解を示した。

 

UW本部のお偉いさんの一方的な意見にまずいと思ったのか、麗亜は即座に独裁を否定するが、テロが起こされた他の理由を求められると答えることはできなかった。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

穏やかでない状況に彼も心を痛めるが、今は何より童貞を捧げると決めた絵理沙がテロリストに所属していることに心労を感じていた。

 

しかも中心人物とくれば、致し方なくではなく、能動的に行動して地位を築き上げたのか、創設メンバーの一人という可能性もあった。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

ともかく、テロから救ってもらった今、日本支部の上層部も捕まり、頼れるのはクロエだけ。

 

 

これからどうすればいいんですか?と彼が率直に訊ねると、クロエはわずかに笑顔になって彼を男性として褒めた

 

 

MKウイルス製造及び散布の疑いがある日本支部の強制子作り集団レイプや度重なる色仕掛けにも鉄の精神で耐え抜いたと賞賛

 

それがどれだけ素晴らしいことか、唯々諾々とハーレム生活を享受した火野恭二のレイプ紛いのクソ野郎とは大違いだと比較して褒めそやす。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

しかし、火野の人となりをそれなりに知っている彼は、無理やり女性を犯して種付けするような卑劣漢ではないと擁護する。

 

クロエはそれを無視し、安全は保障すると言い置いてそそくさと部屋から出て行ってしまった。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

クロエは上層部へ報告するため、いくつものモニターがある部屋にいた。

 

 

忠誠を誓っているらしいマムと呼ぶ相手に、ナンバー4以外は確保できたことをまず伝え、ナンバー1,2はメイティング凍結、ナンバー3は所在確認、ナンバー5は現在もコールドスリープ中だと、なぜか全裸で報告

 

マムは火野がメイティング凍結を受け入れたことを意外に思うが、クロエは問題ないと思っていた。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

世界を牛耳るUWだけあって、ナンバーズのことはしっかりプロファイリングしていたらしく、その結果から火野が素直に凍結を受け入れる男ではないだろうと判断されていた

 

 

だがどうしたことか、火野はあっさり受け入れた。

 

その理由に心当たりがあるクロエは、さも可笑しそうに含み笑いした。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+