終末のハーレム修正前48話
ネタバレ感想

終末のハーレム修正前の漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

電波ジャックをして、全世界にUWの悪事を暴露した絵理沙率いる世界救済集団「イザナミ」

女だけの世界を作ることがUW世界本部の計画だと発信したイザナミ。

果たして、信用すべきはクロエたちか絵理沙たちなのか・・・

 

48話

テロ組織ではないと釈明するが、やっていることはテロリストそのものなイザナミ。

 

その団体を代表して国民に呼びかける絵理沙によれば、世界にMKウイルスをばら撒いて人類を滅亡寸前まで追い込んだのは、世界を統治する役目を担ったUW本部の上層部だという。

 

怜人はマリアに真偽のほどを訊ねるが、裸白衣にパンツ一丁が正装の彼女にそんな重大なことが知らされているわけもなかった。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

絵理沙の暴露は止まらず、UWは既に米国にて女性の遺伝子だけで子供を生む計画を進めているのだそうな。

 

 

女性の女性による女性のための世界改変

 

 

そんな女尊男卑をこじらせ過ぎた恐ろしい計画をどんどん押し進めているUWの支配から脱却すべく、イザナミはナンバーズだけでなく、コールドスリープ中の男性の引渡しも要求すると宣言。

 

彼は未だ眠り続けている兄の顔が浮かんで心配になり、愛しい幼馴染の言葉が自然と頭に染み込んでいく。

 

そして絵理沙は物憂げに視線を下げてから、カッと目力を強くした。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

絵理沙が「世界の女性よ!」と呼びかけ、少し下がったところにいたポニーテールが「立ち上がれ!」と続けた。

 

その言葉を合図に、イザナミの構成員たちはそれぞれの焼印を見せ、覚悟の程を示した

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

彼はもう一度、絵理沙の胸元で揺れるネックレスを見つめ、次の言葉を待った。

 

決起を促した絵理沙が話を続けようとした直後、強制的に映像が途切れた。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

電波ジャックから取り返した国営放送か何かが強制的にイザナミ放送を終わらせ、自分たちの弁解をキャスターを通して話し始めた。

 

あくまでイザナミの発言は事実無根であり、信じないよう節度ある行動を心がけるようにとの釘刺しだった。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

当然彼はそんなものを鵜呑みにせず、すぐさまクロエに会いに行って何が真実なのか問い詰めた。

 

クロエは相変わらず胸の大部分を丸出しにした服装で、日本の夏は暑いなどと嘯いてごまかそうとしたので、彼はイラっときて声を荒げた。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

するとクロエも弁明する気になったようで、もしUWが黒幕なら、とっくに怜人は殺されているはずだと言い返した。

 

その言い訳に彼は答えを用意していて、自分が世界中に知られている有名人だから、一番最後に殺すつもりかも知れないと反論。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

クロエの反論はとにかく、まだ自分たちが何もしていないし、何かをした証拠もないということをグイグイ押し出す方向性だった。

 

自分たちがここに来てからコールドスリープ中の男は誰も死んでいないし、そもそも、童貞を捧げると決めた大好きな幼馴染の言葉だからって、テロ行為をしたのは揺るぎない事実で、そんな団体の人間の言葉を簡単に信用しすぎだと言われれば、ぐうの音も出なかった。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

彼が何も言い返せないと分かると、クロエは色仕掛けでサウナのリベンジマッチを仕掛けてきた。