DUGA
DUGA

ゴブリンスレイヤー最新6巻まで
エログロレイプ特集

ゴブリンスレイヤーの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エログロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

ゴブリンスレイヤーの最新刊までを盛り上がり緊迫感溢れるシーンで振り返ってみる。

ゴブリンを駆逐するために冒険者になり、いつしかゴブリンスレイヤーと呼ばれるようになった彼と仲間たち、その他大勢の残酷エログロシーンで足跡を辿っていこう。

 

 

1巻

白磁の冒険者デビューをしたばかりの女神官。

 

彼女に声をかけたのがまだ駆け出しの3人パーティーだった。

 

剣士、武闘家、魔法使いの3人と共にゴブリン討伐に参加した女神官だったが、知識も前準備もなく洞窟に潜ったせいで容易く殺されかけることになった。

 

 

自信だけは溢れている3人は目論見が甘過ぎた。

 

それぞれ修練してきて実力をつけていたのは間違いないが、ゴブリンというものを知らず、簡単に数で押されて身動きを封じられてしまう。

 

魔法使いであることに誇りを抱いていた若者は、あっけなく腹部を突き刺された。

著者名:蝸牛くも 引用元:ゴブリンスレイヤー1巻

 

 

剣士は狭い洞窟内での戦いに対応する前に取り囲まれ、若い命を散らした。

 

武闘家は父から受け継いだ体術で小鬼を打ち負かしていくが、自分よりも大きなホブ相手には実力が足りなかった。

 

壁に叩きつけられ蹲ったところを囲まれ、小鬼たちに服を引き裂かれる。

著者名:蝸牛くも 引用元:ゴブリンスレイヤー1巻

 

 

犯されそうになっても女神官とまだ息のある魔法使いに逃げるよう声をかける冷静さは残っていた。

 

だがゴブリンには関係なく、化け物の性器をねじ込まれてしまった。

著者名:蝸牛くも 引用元:ゴブリンスレイヤー1巻

 

 

まともな戦闘力のない女神官は何もできず、武闘家の悲鳴を聞きながら入り口に引き返す。

 

 

祈りを捧げても魔法使いの容態は悪くなるばかり。

 

ゴブリンにも追いつかれて肩を射抜かれ、追いつかれてしまった。

 

激痛に喘いでいる間に魔法使いまで襲われ、穢れなき巨乳を汚される。

著者名:蝸牛くも 引用元:ゴブリンスレイヤー1巻

 

 

だが女神官はあまりの恐怖に失禁してしてしまい、ゴブリンの下卑た笑みに硬直。

 

その時、ギリギリのところで現れたのがゴブリンスレイヤーだった。

 

 

銀等級の冒険者に助けられた女神官は回復薬を魔法使いに使ってあげるよう頼むが、彼はお腹を押して具合を確かめ、もう助からないことを確かめた。

著者名:蝸牛くも 引用元:ゴブリンスレイヤー1巻

 

 

そして、魔法使いの願いに応じて喉を突いて止めを刺した。

 

 

 

女神官は出会ったばかりの仲間を二人亡くした悲しみを乗り越え、彼と共にゴブリンの巣の最奥部へと潜る覚悟を決めた。

 

ゴブリンスレイヤーの的確な指示と慎重さ、銀等級に違わぬ実力のおかげで無事に巣の奥に辿り着いた。

 

そして、散々犯されながらもまだ生きていた武闘家を発見したのだった。

著者名:蝸牛くも 引用元:ゴブリンスレイヤー1巻

 

 

そして彼は、隠れていたゴブリンの子供も容赦なく惨殺し、この巣を根絶やしにした。

 

 

 

 

場所は変わり、ここは彼が居候している牧場。

 

ここに住むのは幼馴染みの牛飼娘と彼女の叔父、そして彼の3人だった。

 

 

彼の生業は冒険者なので留守にすることが多い。

 

牛飼娘はそんな彼を毎度心配しながら、牧場の仕事のために毎朝早く起きていた。

著者名:蝸牛くも 引用元:ゴブリンスレイヤー1巻

 

 

目覚めればまず下着を身に着けていく。

 

窓を開け、爽やかな風を取り込んで空気を入れ替えると、柵を直している彼がいることに気づいた。

 

でも、一緒に住むようになったからか、下着姿を見られても恥ずかしがることはなかった。

著者名:蝸牛くも 引用元:ゴブリンスレイヤー1巻

 

 

牛飼娘は街に商品を卸しに行くことも珍しくなく、彼が所属しているギルドもお得意様の一つだった。

 

だから、彼が他の冒険者からよく思われていないことも知っていた。

 

だが牛飼娘は同じ村の出身として、彼がゴブリンスレイヤーと呼ばれるほどゴブリンを殺し続けている理由も分かっていた。

 

彼のことを知っているから理解したい牛飼娘は、いつも無事な彼の帰りを願っていた。

 

 

 

 

エルフの山砦を根城にしているゴブリンの群れがいた。

 

エルフを含めた女性ばかりの4人パーティは攫われた村娘たちを救うためにその砦に踏み込んだが、ゴブリンの狡賢さに思い至らず、罠にはめられる。

 

ミイラ取りがミイラとなり、彼女たちも欲望の捌け口になった。

著者名:蝸牛くも 引用元:ゴブリンスレイヤー1巻

 

 

そしてその砦に新たに派遣されたのが、彼と女神官だった。

 

 

2巻

ゴブリンスレイヤーの彼を探しているパーティがいた。

 

エルフ、ドワーフ、リザードマンといったちぐはぐな3人は彼の呼び方もそれぞれ違っていた。

 

エルフはオルクボルグ、ドワーフはかみきり丸、リザードマンは小鬼殺しと呼んでいた。

 

 

彼と3人が面談している間、女神官はギルドの中で待っていたが、何も知らない他の冒険者に心無い言葉をぶつけられた。

 

その時助けてくれたのが、彼と同じく銀等級の冒険者、蠱惑的な体つきをした妖艶な魔女だった。

著者名:蝸牛くも 引用元:ゴブリンスレイヤー2巻

 

 

エルフたちの用件は、彼をスカウトすることだった。

 

気が短いエルフは彼がゴブリン以外に興味がなく話しを断ろうとすると、我慢できずにテーブルに載って声を荒げた。

 

だがリザードマンがやることはゴブリン退治だと明かすと、二つ返事で彼らの依頼を受けた。

著者名:蝸牛くも 引用元:ゴブリンスレイヤー2巻

 

 

こうして彼と女神官は、エルフたちとの繋がりを得たのだった。

 

 

共においしいものを食べ、酒を酌み交わし、絆を深めた5人。

 

エルフの神業とも言うべき弓矢の腕が披露されながら、ゴブリンの血を塗ったくって巣になっている遺跡の奥へと。

 

そして、汚物溜めになっている部屋で、囚われのエルフを発見した。

著者名:蝸牛くも 引用元:ゴブリンスレイヤー2巻

 

 

夥しい数のゴブリン。

 

一行はそれぞれの特技を活かして駆逐していく。

 

だがゴブリンを率いていたのは、屋根より高い巨大なオーガだった。

 

 

ゴブリンなど比較にならない危険なモンスター、オーガ。

 

彼は瀕死の重傷を負わされるほど一時は敗戦濃厚に追い込まれたが、魔女に依頼して手に入れたあるアイテムのおかげで、大逆転の一発を放ち、見事オーガ討伐に成功した。

著者名:蝸牛くも 引用元:ゴブリンスレイヤー2巻