「というわけで全裸で母さんにお願いしてみた」無料エロネタバレ。息子に求められて満更でもない巨乳ママ!

というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。
ネタバレ感想

というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。の漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、ネタバレ、感想、あらすじ、エロ画像、結末、無料で読む方法を紹介。

 

フリーターで一人暮らしを始めた息子の部屋をちょくちょく訪ね、世話を焼いていた巨乳お母さん。

息子の信敬はいつしかお母さんにムラムラする気持ちが抑えられなくなり、思い切って全裸でお願いしてみたのだが…

おすすめエロ漫画はこちら

 

というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。

いつの頃からか胸にタッチしたりお尻に股間を擦りつけたりするくらいのセクハラ行為に及んでいた信敬だったが、母は取り合わずにいやらしい手をはたき落とすだけ。

 

でも信敬は母が性の対象ナンバー1で、ワンルームの部屋で二人きりになるたびフル勃起してしまい、おしっこをするのも一苦労。

 

だからある日、思い切って勃起したままの全裸で拝み倒してみると、手コキで一発だけ、という条件を飲んでくれたのだ。
というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。

 

 

自慢じゃないが、かなりいいサイズをしていた信敬。

 

息子のそそり立つモノをチラチラ見ずにはいられない母は仕方ないといった風に、結婚指輪を嵌めた左手で握ってしごき出し、先っぽもこねこね両手を使って一生懸命擦っていく。

 

信敬は「母さん、母さん」と呼びながら真上を向けたまま射精し、母の顔と胸元にぶっかけてしまうのだった。

 

 

母の服を洗って乾かしている間、ブラ姿を見た信敬はすぐさまフル状態に回復。

 

逆に母の方からまだ治まっていない息子の息子を指摘してきて、どうやら少し盛り上がっているのに気づいた信敬は生乳を見たいとおねだりし、母はもう抵抗せずにホックまで息子に外させ、いざ御開帳。
というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。

 

 

露わになった母の乳首は年の割に綺麗なピンク色で乳房もボリュームたっぷり

 

舐めてもパイズリしても受け入れてくれ、また遠慮なく谷間にぶっかけた。

 

最後は上半身裸エプロンでご飯を作ってもらい、大満足。

 

ただ、最後までできるかも知れない可能性にかけて、そろそろ帰ろうとする母に恋人みたく抱きついてしっかり感じてたくせに、と茶化すと、顔を真っ赤にして恥ずかしがっちゃうのだった。
というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。

 

 

しかしこの日を境に、信敬から部屋に呼ぶと素直に来てくれ、パンツ一枚で手コキ、顔射とおねだりしまくっているうち、母は息子の性処理への抵抗感をなくしていった

 

そしてついに、部屋でのお泊りデートを受け入れてくれ、プレゼントした露出多めのドレスまで着て来てくれた。

 

ちょっといい食事とお酒、母もばっちり化粧していてその気だったので、恋人みたいなベロチューからスタートしたのはいいが、いざ挿入しようとした時、信敬は自分の母とヤろうとしている異常さに今更怖気づいた。
というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。

 

 

しかし、「あんまり激しいのは、お母さん嫌よ」と顔を赤らめながら股を開く姿を見て、理性など吹き飛んだ。

 

そして過去最高に硬く大きくそそり立たせた信敬は、母さんの中に突っ込んだのだった。

 

若さに任せた激しい腰ピストン。

 

それにハマったのは母の方で、一線を越えたその日はお母さんの方から息子の息子をくにくにいじって二回戦をおねだり
というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。

 

 

それからというもの、ほぼ紐みたいな格好を自分からして誘惑して、バックでお尻を突き出したり、騎乗位で喘ぎまくったり、中出しも許して息子の肉棒にガチハマりしていった。

 

 

 

ある日、母が友達とお茶しているところに迎えに行った信敬を見て、友達は親孝行で恋人みたいに仲良くしてくれる息子がいることを羨ましがった。

 

そんなことより、今すぐ外でもおっぱじめたいくらいの信敬はさっさと母を連れて部屋に帰り、ベッドに行くのも待てずに玄関で脱ぎ、母の乳を揉みながら手コキしてもらう。
というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。

 

 

治まりつかなくなった信敬は母の下も脱がせて強引に手マンし始め、十分に解して濡らして準備を整えさせる。

 

そして壁に押し付けて立ったまま向かい合って挿入し、小刻みに突き上げて一発目の中出し。

 

ベッドに移動して寝バックでピストンしているうちにまた反り返るほど勃起すると、母もノリノリになって息子のバイトの時間を気にしながらも、腰を打ちつけ返し、騎乗位中出しはギリギリのところで許さずすっぽ抜いてお腹ぶっかけで我慢させた

というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。

 

 

二発目が終わってゆったりした時間が流れても、バイト開始の時間がずれたので信敬はさっそく三回戦をすることにした。

 

 

少しでも時間ができれば、最高のパイズリで一発抜いてもらい、気分よくバイトへ。

 

そんなこんなで、通い妻みたいに息子の生活の世話をしつつ、バイトから帰ってきたらヤリまくるという生活サイクルに慣れてきた頃、どうもバイト以外に出かけることが多くなった息子に彼女ができたと母は勘ぐった。

 

そうして徐々に肉欲の日々が遠ざかっていく代わりに、夫がちょこちょこ求めてくるようになって母も嬉しくはあったが、やはり息子の若さと比べると物足りない

というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。

 

 

だからオナニーで紛らわすのを止められず、我慢できずに適当な理由をつけて息子と久しぶりに外で会うことに。

 

それはいいが、コートの下は胸も股間も丸出しのほぼ裸の変態下着を着てくるよう指定され、会うなり中身を見せるよう迫られてドキドキ痴女行為。

 

連れて行かれたのはラブホで、盛った動物のようにお互い快楽を貪り合い始めた。

 

夫とは比べ物にならない硬さ、大きさ、反り具合。

 

母はもう息子チン〇無しでは生きられない身体になってしまっていた…
というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。

 

 

感想

というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。でした。

画力は大目に見ても高いとは言えませんが、この独特な味のある画風が一昔前の漫画っぽくて逆にエロいです。

NTRでもありますがお互いWINWINな和姦なので、シンプルにイチャラブが楽しめると思います。

というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。を読むならこちら

DUGA