「地獄に堕ちても逝きたがり!」無料エロネタバレ。ブラック勤めのストレスでヤリまくりの腹上死でもまだヤる!

地獄に堕ちても逝きたがり!
ネタバレ感想

ヨールキ・パールキの地獄に堕ちても逝きたがり!のエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

ヨールキ・パールキ最新作。

入社した会社があまりにブラック過ぎて、ストレスを溜め込み過ぎたOLは勢い任せに同僚と一線を越えた。

それ以来、彼女は自分でも気づかなかったエッチ大好きな一面が大解放された…

おすすめエロ漫画はこちら

 

地獄に堕ちても逝きたがり!

櫻井千紘・24歳。

 

 

新卒で入った会社が超絶ブラックだったが、同僚と励まし合いながら最低限は勤めようと頑張ってきた。

 

結果、彼女は亡くなってしまった
地獄に堕ちても逝きたがり!!

 

 

 

まさか死ぬとは思っていなくて、フッと意識が覚醒した時には、いわゆる閻魔様に天国行きか地獄行きかを審判されている真っ最中だった。

 

千紘は流れに任せ、腹上死だったことを話し始めた。
地獄に堕ちても逝きたがり!!

 

 

 

同僚の相沢くんとは端的に言ってセフレだった。

 

徹夜三日目の超絶ブラックの末に、彼から誘われて受け入れたのが始まりで、今となっては一番身近で辛い境遇を共有できる最高の相手だった。
地獄に堕ちても逝きたがり!!

 

 

ブラック勤務に耐え続けた結果、悪いことばかりでもなかった。

 

頭のネジが外れて同僚とそういう関係になったのは同意の上だし、千紘は自分でも気づかなかったかなりのエッチ好きなことを教えてもらえたのだ。

 

オフィスで、車で、挿入しながらのアナル責めでこんなに感じるなんて彼女は知らなかった。
地獄に堕ちても逝きたがり!!

 

 

会社の資料室では自分の気持ちい所をもっと見つけ出すため、これでもかと彼の上に乗って腰を振った。

 

ちょっとでもヤレそうな時間があれば、二人は気持ち良くなってストレスを発散していた
地獄に堕ちても逝きたがり!!

 

 

もちろん箍が外れたようにヤリまくっていても、仕事はきっちりこなしていた。

 

 

その日も仕上げた仕事をクライアントがどう言っているのか、上司の報告を緊張感に包まれて聞いていたのだが、非情にもやり直しというお言葉が返ってきた。

 

仕事を振ってもらっている立場の会社で、しかも平社員の千紘たちにできるのは、頷くだけだった。
地獄に堕ちても逝きたがり!!

 

 

まさに生き地獄。

また徹夜の連続。

何のために仕事をしているのか。

 

限界が来たことも共有した二人は、そのまま車に乗って郊外のラブホに雪崩れ込んだ。
地獄に堕ちても逝きたがり!!

 

 

今回のセック〇は今までの仕事の合間にしていたのとは訳が違った。

 

理不尽で辛いだけの日常を忘れ、何日もホテルに籠ってただただヤリまくった。

 

快楽を求め合った、イカせ合った。

 

とにかく快感だけを身体に与え続けた末に、千紘は彼に跨った状態で心臓を止めてしまうのだった。
地獄に堕ちても逝きたがり!!

 

 

 

自分が死んだ経緯を話した千紘は、改めて死んだことを実感した。

 

漫画みたいに三角の白い布を頭につけ、白装束を身に纏っていることに何の疑問も持たないほど、千紘はふわっとした気持ちで閻魔様のお沙汰を聞き入れた。
地獄に堕ちても逝きたがり!!

 

 

しかし亡者の列に並んだ千紘はすぐに、周りにいる鬼たちの股間の膨らみが並じゃないことに気づき、イキまくった挙句に死んだばかりでも、もう体が疼いてきた。

 

そこから、地獄に堕ちたのに鬼の間で大評判になった千紘のヤリまくりの日々が再び始まったのである。

 

 

路地にいた鬼にしな垂れかかり、有無を言わさぬ手コキから始まる千紘㏌ヘル

 

牢屋の看守を誘惑して、鉄格子越しのフェラにパイズリにアナル責め

いつの間にか差し入れられた極太ディルドに、巨根しかいない鬼たちとの複数プレイ。

体つきは華奢なのに、やはりアソコはデカい西の神

 

 

手違いが発覚し、天女に送り届けられた極楽で再会した相沢くんは、天女たちに囲まれて夢心地でイカされていた。

 

鬼たちの巨根を堪能した千紘はそれでも、自分をエッチ好きにさせた相沢くんにはやはり特別な感情を抱いていた。

 

そして極楽で再会してまたヤリまくった二人に、とんでもない結末が訪れた…

 

 

感想

地獄に堕ちても逝きたがり!でした。

ヨールキ・パールキの高クオリティは衰え知らずで、今回もまた一風変わった設定でストーリー的にもおもしろかったです。

地獄ですが凌辱要素はなく、むしろラブラブ甘々が強いのも良かったデス。

地獄に堕ちても逝きたがり!を読むならこちら