最新おすすめコミック
「ないしょの予習」ネタバレ最新1巻。エロの極み!友達の彼女と背徳感でドキドキ初体験の連続にカノジョが愛おしい

ないしょの予習1巻
ネタバレ感想

ないしょの予習のネタバレ最新話エロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

青春に隠れるエロさを書かせたら一級品の作者が、ついに背徳感を盛り込んできた。

恋人がいる同士の二人が、予習と称して彼氏彼女でもないのに初体験を済ませていく…

 

 

ないしょの予習1巻

予習は失敗回避のためのものだったのに、ドキドキと気持ち良さが目的にすり替わり始めた…

 

 

 

生徒会に所属している坂東くんはクールビュティーで笑顔がとても可愛い南さんと付き合い始めたばかりでも、イチャイチャしたいタイプじゃない彼女とは恋人同士になってからの方が距離ができた気がする。

 

坂東と小学校からの付き合いの西岡は、生徒会に所属している北見さんと付き合っていて、仲の良さを遠慮なく見せつける楽しそうなカップルだ。

 

だから坂東は自然と話すようになった北見に、南との付き合いの悩みを零してみた。

 

すると北見さん、キスもまだならいざその時に失敗しないように予習してみない?と提案してきたのだ。

ないしょの予習

著者名:森井暁正 引用元:ないしょの予習1巻

 

 

坂東はもちろん友達の彼女とするなんて最低だと断るが、知られなければ無かったのと一緒だと言われてキス顔で迫られたら、理性とモラルなんてすぐ吹っ飛んだ。

 

そして北見からチュッとされてクスっと微笑まれたらもう、我慢できずにむしゃぶりつき、彼女も積極的にベロチューまで。

ないしょの予習

著者名:森井暁正 引用元:ないしょの予習1巻

 

 

友達の彼女で、優等生な北見さんの紅潮して蕩けたキス顔

 

あわや彼氏の西岡に見られそうになるほど、夢中になった濃厚なファーストキスだった。

 

 

 

坂東は何も知らない西岡への罪悪感に胸が軋むが、北見はコロッといつもの調子で彼と接するから恐れ入る。

 

もちろん、こんな背徳感いっぱいのファーストキスを無かったことにするなんて不可能だった。

ないしょの予習

著者名:森井暁正 引用元:ないしょの予習1巻

 

 

 

家に帰ってからもついさっきの初キスを思い出して、唇の感触、舌が絡み合う感触を思い出して復習せずにはいられない坂東だが、家でエアーキスは危険が伴うことも知った。

 

 

だからこそ余計に南さんと、北見×西岡みたいに当たり前に下校したい。

 

そんな願いが偶然にも叶えられた夕暮れ時、今度は惚れるきっかけになった笑顔が見たくて手を繋ぎに行ってみると、瞬時に拒否られてしまうのだった。

ないしょの予習

著者名:森井暁正 引用元:ないしょの予習1巻

 

 

 

翌日、あまりのショックを引きずっていた坂東はまた、生徒会室で北見に打ち明けた。

 

好きな人に手を握られたら嬉しいはずだと女子代表の意見を述べる北見によれば、きっと変な触り方をしたんだろうとのことで、検証で繋いでみることに。

 

握り方なんて特に変なことはなく、お互い、男女の手の違いと触り合うくすぐったさ、気恥ずかしさを知りつつ指を絡める恋人繋ぎで密着度まで増してまた熱を帯びていく

ないしょの予習

著者名:森井暁正 引用元:ないしょの予習1巻

 

 

そして手を繋いだまま、放課後の廊下へ飛び出した。

 

誰かに見られたら修羅場待ったなしの、盛り上がりに任せた予習の域を超えた危険なゲーム。

 

先に手を離したら負けというルールでひと気のない校舎を進んでいくうち、予習相手になっている北見さんの方がドキドキさせられていた。

ないしょの予習

著者名:森井暁正 引用元:ないしょの予習1巻

 

ないしょの予習を読むならこちら