最新おすすめコミック
「人食いダンジョンへようこそ」ネタバレ最新4巻。女暗殺者が見られながら快楽堕ち!幼馴染み貴族娘の恋と責任!

人食いダンジョンへようこそ4巻
ネタバレ感想

人食いダンジョンへようこそのネタバレエログロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

オリヴィア率いる遠征軍がダンジョンに辿り着き、攻略が始まった。

その前に紋章官に扮したアラクネが乗っ取った暗殺ギルドから派遣された女を拘束したエリオットは、屈辱と快楽を与えて裏切らせることに成功。

そしてオリヴィアは、正体を現したアラクネに捕らえられてしまう…

 

人食いダンジョンへようこそ4巻

蜘蛛の糸に手足を塞がれたオリヴィアはもがくが、華奢な身体で破れるものじゃなく、じたばたもがいているうちにエリオットが先に待っているぞと煽られた。

 

彼にまた会えるかもという希望で頑張っていたオリヴィアは、衝撃の事実をあっさり信じてしまい、悲しみの底に落とされた。

 

 

指揮官として威勢が良かった気丈な女が涙と鼻水でぐちゃぐちゃになるのが興奮して堪らないアラクネだが、そろそろ始末しようかと思った。

 

その時、崩落で塞がれていた扉をサラが魔法で吹き飛ばし、スタンバイしていたオークリーダーが流れるように飛び出した。

 

オークと粉塵の陰に隠れてエリオットたちも飛び出し、シロとオークがアラクネに仕掛けて時間稼ぎをし、その隙にサラが二発目の準備を整えた。

 

 

炎攻撃をまともに食らったアラクネが地面に落ちたところを、オークがタコ殴りで追撃。

 

アスタルテはオリヴィアの傍に待機し、エリオットたちの戦いをちゃんと見届けさせようとする。

 

 

どうにかオークを押し返すアラクネだが、殺したはずのエリオットがピンピンしているのに驚かされるが、目の前の男がダンジョンマスターだとすぐに察した。

 

そうして自分に注意を向けさせている間に、サラが止めのもう一発の準備を整え、揮発性の油を撒き散らしたアラクネの周囲を豪炎で包み込んだ。

 

死に物狂いの反撃もアスタルテが弾き返し、その身を焼かれて呼吸もできなくなったアラクネは、完全敗北を喫したのだった。

 

 

 

感動で身体が動いたオリヴィアは焦げ臭い中でエリオットに抱きつくが、彼は感動の再会もそこそこに、全てを話す覚悟を決めた。

 

 

 

衝撃の連続でいつの間にか眠っていたオリヴィアは、ダンジョン内のベッドで目を覚ました。

 

 

目覚めを待っていたダリアはダンジョンマスターのエリオットに助けられたこと、生存している兵士たちは崩落で閉じ込められているもののまだ一日しか経っておらず、まだ飢え死にの心配はないことを伝えた。

 

実質的に虜囚になったと理解したオリヴィアはその時、淡々と説明したダリアも子供の頃に会っていることを思い出した。

 

しかし、魔物になったダリアはオリヴィアを思い出せず、オリヴィアもすぐに人間だった頃という言葉を信じられた。

 

 

魔物になったからこそできた、人間の頃の記憶がフラッシュバックするやるせなさ。

 

 

オリヴィアは人間らしく悩むダリアを見つめ、ダンジョンマスターがエリオットだった悲しみ、立場を越えて助けてくれた喜び、知っているダリアが魔物にならないと生きられなかった憤り

 

そして、まだいくつかの感情がない交ぜになった

 

 

そしてまたダリアも、自分とは違う繋がりをエリオットと持っているオリヴィアを恐れていた。

 

 

宣戦布告とも取れる言葉。

 

だからダリアがどれだけエリオットを想っているか理解できたオリヴィアは、自分を犠牲にする考えを持ってはいけないと諭し、そのまま自分も再燃した恋心を白状した。

 

 

こうして恋のライバルが生まれている間、エリオットはせっせと女を犯していた。

人食いダンジョンへようこそを読むならこちら