最新おすすめコミック
「異世界迷宮でハーレムを」ネタバレ最新8巻までの無修正エロシーン。ロクサーヌやセリーのえちえちおせっせシーン!

異世界迷宮でハーレムを
ネタバレ感想

異世界迷宮でハーレムをのネタバレエロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

盗賊の魔の手から商館を救い、ロクサーヌの心配を晴らしてあげた。

炎系統の魔法も試して、THE魔法な感じにテンションが上がった彼は、勢いに乗って一軒家を借りてそこをロクサーヌとの愛の巣にすることにした。

 

異世界迷宮でハーレムを2巻のエロシーン

なんやかんやで異世界での新生活が始まった加賀道夫。

 

最初からチートプレイヤーとはいかずとも、優秀な武器と現代とファンタジー知識もあって、着実に強さと経験をゲットしていく中、この世界では当たり前の奴隷を手に入れたのだが、それがケモ耳爆乳娘のロクサーヌだった。

 

エロ可愛さはもちろん、すぐに戦闘でも大いに活躍してくれることを知ることになった。

異世界迷宮でハーレムを

著者名:氷樹一世 引用元:異世界迷宮でハーレムを2巻

 

 

大金だが何とか工面してロクサーヌを購入。

 

服を脱いでいく脱衣シーンだけで、まさに暴力的なまでのエロさを放つ。

異世界迷宮でハーレムを

著者名:氷樹一世 引用元:異世界迷宮でハーレムを2巻

 

 

後ろから抱きかかえるように生乳の汗を拭ってあげれば、腰から生えるモフモフの尻尾がフリフリと艶めかしい

 

そしてたっぷりベロチューも堪能してから、ロクサーヌの中をかき回した後にたっぷり注ぎ込んだのだった。

異世界迷宮でハーレムを

著者名:氷樹一世 引用元:異世界迷宮でハーレムを2巻

 

 

異世界迷宮でハーレムを3巻のエロシーン

初夜が過ぎた翌朝からも、ロクサーヌが最高だと思い知る。

 

まだまだぎこちない空気感の中、いそいそと身支度を整えている時、薄暗い部屋の中でラッキースケベが起こっても不思議ではない。

異世界迷宮でハーレムを

著者名:氷樹一世 引用元:異世界迷宮でハーレムを3巻

 

 

二人で初めてのダンジョン攻略に向けて、ロクサーヌの武具を買い揃えていくだけでも、彼女の豊満なボディが如何なく威力を発揮することに。

 

戦闘における重要な知識もロクサーヌから教えてもらいながら、尊敬の眼差しも向けてもらえて最高しかないのに、彼女の強さも想定外。

 

そして迷宮で疲れた一日の終わりには、しっぽりセック〇

異世界迷宮でハーレムを

著者名:氷樹一世 引用元:異世界迷宮でハーレムを3巻

 

 

美人でエロくて迷宮でも大活躍で。

 

最高の奴隷を手に入れた彼の迷宮攻略は幸先良過ぎる船出になった。

異世界迷宮でハーレムを

著者名:氷樹一世 引用元:異世界迷宮でハーレムを3巻

 

 

異世界迷宮でハーレムを4巻のエロシーン

迷宮じゃなく人間の悪意にもぶつかり、ロクサーヌがいた娼館のトラブルを解決に導くことも。

 

それでまたロクサーヌが感謝してくれれば精神的な報酬は十分、きっちり悪意を摘み取った後は、迷宮でもどんどん新体験を増やしていって、彼女がより大切な存在になっていくばかり

異世界迷宮でハーレムを

著者名:氷樹一世 引用元:異世界迷宮でハーレムを4巻

 

 

確実に慎重に迷宮深くへ進んでいく二人。

 

ボスも倒してドロップアイテムを手に入れて、危なげなく初エンカウントモンスターも魔法で距離を取りつつ撃退。

 

そうしていい汗をかいて帰れば、身体をお互いに拭き合って始めるのが堪らない

異世界迷宮でハーレムを

著者名:氷樹一世 引用元:異世界迷宮でハーレムを4巻

 

 

ベッドで寝バック。

 

いつかは宿屋暮らしをやめて気兼ねない愛の巣を。

 

そう思いながらのピストンは、より気合が入るというもの。

異世界迷宮でハーレムを

著者名:氷樹一世 引用元:異世界迷宮でハーレムを4巻

 

 

そして賃貸より買った方がコスパがいいと分かり、さっそく閑静な場所の一軒家に移り住むことにしたのだった。

 

 

異世界迷宮でハーレムを5巻のエロシーン

契約書類にサインをしたところで、大家も兼ねている金物屋ですぐに使いそうな調理器具も買ってから、明日届けてもらえるように家具も買い揃えた。

 

今夜が宿で過ごす最後の夜で明日から賃貸一軒家に移るが、ここはロクサーヌと初体験した記念すべき場所で、今ではもう隣に座るのが自然になっていて、横になる前にお互いの身体を拭いて楽しむのも、すっかり慣れた感がある。

異世界迷宮でハーレムを

著者名:氷樹一世 引用元:異世界迷宮でハーレムを5巻

 

 

しっかり拭けば拭くほど、そこはダメと言いながら熱い吐息を漏らし続けるロクサーヌは、激しいペッティング愛撫ピストンに耐えきれずにビクンと跳ねた。

 

彼が心配になるほどの反応だったが、ロクサーヌはおそらくオーガズムに達したのだった。

異世界迷宮でハーレムを

著者名:氷樹一世 引用元:異世界迷宮でハーレムを5巻

 

 

なかなかの力仕事を終えてふかふかのベッドで一息つけば、さっきの続きをしたくなるというのが疲れ魔羅の性。

 

今度は尻尾をモフらせてもらってから、マットレスの使用感を確かめることにした。

異世界迷宮でハーレムを

著者名:氷樹一世 引用元:異世界迷宮でハーレムを5巻

 

 

この世界でお風呂は王侯貴族の楽しみレベルの贅沢らしく、初体験のロクサーヌは控えめに声を漏らした。

 

人魚の如く飛び出して暴れる乳房の破壊力は、お風呂がなければ味わえない光景だった。

異世界迷宮でハーレムを

著者名:氷樹一世 引用元:異世界迷宮でハーレムを5巻

 

 

 

帝都で敷く用と飾る用の絨毯を買い、また迷宮に潜り、お風呂で疲れを癒しのループ。

 

錬金術師のジョブも手に入れ新たな実験を行った後、石鹸がうまくできているかの実験は、ロクサーヌの柔肌で試させてもらうのは当然だった…

異世界迷宮でハーレムを

著者名:氷樹一世 引用元:異世界迷宮でハーレムを5巻

 

異世界迷宮でハーレムをを読むならこちら