最新おすすめコミック
「タマロワ」ネタバレ最新36話37話38話39話。裸の付き合いからガチサバイバル!命懸けの最後の選択は裸チェック

タマロワ36話37話38話39話
ネタバレ感想

タマロワのネタバレエロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

頼られたら断れないお人好しで正義感が強い優奈は、頭をフル回転させて凶悪犯が誰なのか二人にまで絞り込んだ。

山田サキを詐欺師としたのは、果たして正解なのか…

タマロワ記事一覧はこちら

 

36話

優奈の推察のままに、五十嵐は弓月か詩織のどちらかを花嫁候補に絞ったので、運営はふさわしい最後の課題を用意するつもりだったが、殺人犯の術中にハマっている二人の行く末も楽しく見させてもらうつもりだった。

 

 

 

殺人犯と潔白の一人、それは弓月と詩織。

 

そこまで情報を絞った優奈だが、殺人犯と結婚したくないならサキで手を打っておく選択肢もあることを補足した。

 

五十嵐もそれは考えないではなかったが、ルール上で離婚は許されないなら詐欺師との生活も危険そうではあるし、仕方なく参加しているサキにアプローチすれがリタイアされる可能性も高い。

 

そこまで考えた五十嵐は、結婚相手として優奈に惹かれているし、ここまで協力してくれた上で優秀さを信頼していた。

 

 

日常で出会っていればきっと結婚を前提にして交際を申し込んだだろうと、はっきり好意を伝えられた優奈はドキッとしないでもないが、ダラけた生活をしてとんでもない借金があるのを知れば気持ちも変わるだろうと思った。

 

 

お互いにまだ表面的なことしか知らない。

 

だから優秀と褒めてくれたとこだけ受け取った優奈は、自分は自分でこのゲームが終われば新しい一歩を踏み出せる気がすると前向きに断った。

 

 

 

五十嵐との話し合いを終えた優奈は改めて、飲み会後の二人の印象を整理した。

 

 

嘘を吐いた弓月とイメージアップに成功した詩織なら、詩織の方が殺人犯っぽさはあるが、瑠華を半殺しにした時のアリバイが詩織にはあり、弓月にはない。

 

五十嵐の信頼が逆に、プレッシャーになるかも知れなかった。

 

 

 

さあ、いよいよ運営の少年から最後の課題が発表された。

 

 

仮想新婚旅行。

 

若いながらに成田離婚という古ワードを知っている少年はそれを引き合いに出し、今回の二人が成田離婚しないように、仮想新婚旅行で相手の嫌な面も見てみようというのだ。

 

そんな尤もらしいことを説明したが、内容は今までとそう変わらない、山奥の温泉旅館で裸の付き合いをするというエロありきのものだった。

 

 

 

一行はバスに乗り込んで出発すると、銘々に目を閉じていくが、優奈はとても眠る気にはなれなかったのは、最後の最後で普通の温泉旅でメンバーが本性を見せるとは思えなかったからだ。

 

その予感はその通りで、少年の指示により急ハンドルが切られ、バスは躊躇なくガードレールを突き破って崖下にダイブした。

 

 

最後の課題は楽しい温泉での裸の付き合いなどではなく、嫌でも本性が出てしまうだろう究極状況の新婚旅行だった。

タマロワ無修正限定版を読むならこちら