最新おすすめコミック
「落ちこぼれ魔女の正体は精液を糧とする最強の悪魔」ネタバレ無料感想。家族同然のイケメンに注がれなきゃダメで

落ちこぼれ魔女の正体は精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした
ネタバレ感想

落ちこぼれ魔女の正体は精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でしたのネタバレエロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・山本ともみつ。

魔法が当たり前の世界で魔法が使えない、落ちこぼれのリエールカ。

そんな彼女には、実は大きな秘密があって…

おすすめエロ漫画はこちら

 

落ちこぼれ魔女の正体は精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした

日常生活で普通に魔法を使う世界で、からっきし使えなかったルカ

 

それでも血の繋がりはないが兄として育ててくれたグレンや、瀕死のところを助けて以来、すっかり愛された魔獣族のアバルに甘やかされ助けられながら、母のような立派な魔女を目指して努力を重ねていた。

落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。 [Yatomomin]

 

 

 

そんなある日、森の中で初めて見る建物に行き着いた。

 

そこで出会ったのが不思議な雰囲気のある仮面の魔女で、ルカの中に強大な魔力が眠っているのを見抜くと、それを引き出せるという木の実をもらった。

 

それを疑わずに食べたルカは本当に凄まじい魔力が溢れ出てきたのだが、その力は彼女自身を蝕むほどの強さだった。

落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。 [Yatomomin]

 

 

実はルカは悪魔の娘であり、制御し切れない魔力から守られる封印を施されていたのだが、不思議な木の実で壊されてしまったのだ。

落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。 [Yatomomin]

 

 

 

母の愛で密かに守られていたルカを救うには、魔力がたっぷり濃縮された精液を注ぎ込んでもらって中和するしかない。

 

それができる近しい男はグレンとアバルしかおらず、二人にとって彼女を守れることは喜びであり、抱けることもまた最高の悦びだった。

落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。 [Yatomomin]落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。 [Yatomomin]

 

 

とは言え、ルカからしたら毎日のことで申し訳ないし恥ずかしい。

落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。 [Yatomomin]落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。 [Yatomomin]

 

 

それでも、たくましい腕に抱かれて太っといチン〇でかき回されたら連日連夜のオーガズムに達した。

落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。 [Yatomomin]

 

 

更に、美しくエロ過ぎる身体の悪魔の娘リエールカを救えてイカせられる候補に、魔王の息子も躍り出てきて…

落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。 [Yatomomin]

 

 

感想

落ちこぼれ魔女の正体は精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。

ルカの可愛さエロさは完璧、そこにイケメンマッチョ二人にもう一人加わってくるとなれば、独自の妄想も捗りやすくなってくるというものでしょう。

落ちこぼれ魔女の正体は精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でしたを読むならこちら