最新おすすめコミック
「平凡女はダウナー神様に依存されて戻れない」ネタバレ感想。生来の優しさを持つ女性が神と知らずに人助けして…

平凡女はダウナー神様に依存されて戻れない
ネタバレ感想

平凡女はダウナー神様に依存されて戻れないのネタバレエロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・梅ねぎ大明神。

雪が積もる片田舎生まれの女の子は、何気なくいつもと違う道で下校し、寂れた神社を見つけた。

そこを何となく気に入った彼女は、事あるごとに足を運ぶようになった。

おすすめエロ漫画はこちら

 

平凡女はダウナー神様に依存されて戻れない

神社の存在を初めて知ったのはまだ朱音が少女時代の冬の帰り道。

 

いつもと違う帰り道を通って偶然見かけ、何となく心引かれてそれから12年、なにかとお参りするようになった。

 

 

それがここ最近、社務所に住まう不健康そうなという男と知り合い、食生活の世話をする意味でも通うようになっていた。

 

何といっても篝は行き倒れみたいに倒れていたから、さすがに放置するわけにはいかなかった。

平凡女はダウナー神様に依存されて戻れない [梅ねぎ大明神]

 

 

病気の療養で親戚のツテを頼りこの神社に来たそうだが、来てみれば誰もいないという不運な目に遭ったらしい。

 

自暴自棄な感じなのも相まって、やはりほっとけなくなった。

平凡女はダウナー神様に依存されて戻れない [梅ねぎ大明神]

 

 

 

名乗った覚えはないが、いつの間にか朱音の名を知っていた篝というミステリアスな男。

 

 

就職で地元を離れるまでの間、妙に篝が気になって世話を焼くのは、朱音が生来の世話焼きで見返りを求めない優しさを与えられるからなのか。

 

彼はそういうところをちゃんと理解し、好意を口にできるほど衒いがないが、病的な雰囲気はいつまでも晴れない。

平凡女はダウナー神様に依存されて戻れない [梅ねぎ大明神]

 

 

彼女の優しさに何か返せるものはないかと気にする篝。

 

それを求めず他力本願など頭にないところが彼女の素晴らしいところだが、それでも一つだけ叶えばいいと思っていることがあった。

平凡女はダウナー神様に依存されて戻れない [梅ねぎ大明神]

 

 

自分が来れなくなっても大丈夫なよう、篝が健康になればいい

 

どこまでも心根の優しさを与えてもらえた篝は、謝りながらジッと目を見つめた。

平凡女はダウナー神様に依存されて戻れない [梅ねぎ大明神]

 

 

 

果たして篝は何者なのか。

 

ある男が篝を突き動かしたようだが、その男も何者なのか。

 

 

ただ心のままに神社に通い、篝の世話もするようになった朱音は彼の激しい欲望に絡みつかれ、離れられない快楽で淫らで艶やかで、女性として魅力的な顔を曝け出さされていき…

平凡女はダウナー神様に依存されて戻れない [梅ねぎ大明神]平凡女はダウナー神様に依存されて戻れない [梅ねぎ大明神]平凡女はダウナー神様に依存されて戻れない [梅ねぎ大明神]平凡女はダウナー神様に依存されて戻れない [梅ねぎ大明神]平凡女はダウナー神様に依存されて戻れない [梅ねぎ大明神]

 

 

感想

平凡女はダウナー神様に依存されて戻れないでした。

ヤル時はオスらしくヤル男、目的のために大人しく我慢できる一途さもまた、ゾクッと感じられるかも知れませんね。

平凡女はダウナー神様に依存されて戻れないを読むならこちら