最新おすすめコミック
「大巨蟲列島」ネタバレ最新27話28話7巻。巨蟲化はどこまで広がっている⁉エロTuberと気持ち良くなり始めたのに

大巨蟲列島27話
ネタバレ感想

大巨蟲列島のネタバレエログロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

甲殻類の巨大化計画が巨蟲化の原因だと睨んだ睦美は、島に残って調査することに。

データ上は環境や昆虫に影響はないと言われたが、とても信じられないと思った矢先、シャワー中に忍び寄る影が…

 

大巨蟲列島27話

疑惑を抱きながらもシャワーを浴びてさっぱりしていたその時、睦美はカーテンの向こうの気配に気づいた。

 

躊躇なく入って来たのは何者かはもちろんジュリアで、睦美に百合の空気を感じ取って親密な関係になろうと仕掛けたのだ。

 

 

恥ずかしそうに顔を背けてノーマルだと答える睦美に構わず、ジュリアは男も女もイケるし同じだと勝手に共感しながら、遠慮なく虫好き女子高生の巨乳をわし掴んだ。

 

後ろから揉まれ、陰部にもするりと指を潜り込まされた睦美。

 

虫が絡めば自信を持って行動できるが、人に対しては控えめでされるがままなのは変わらず、変態ドスケベ女のテクに気持ち良くされてしまう。

 

 

硬くなる乳首、濡れそぼる会陰。

 

冷静な思考能力が失われていく睦美は、抵抗したら独自調査が疑われると意味不明に思い込み、されるがままに委ねるのが最善だと覚悟すると、優しくして下さいとそそる言葉で自ら雰囲気まで作ってしまった。

 

そうなればジュリアはさっさとベッドに移動して、変わり者美少女の得意分野で例えさせることで言葉責めとし、名前からしてキラキラしてそうなゾウムシセック〇に持ち込もうとしていく。

 

 

甘いベロチューからの寝バッククンニに至ろうとしたその時、けたたましく警報ベルが鳴り響いた

 

 

すかさずスマホで連絡を取ったジュリアは、ナースステーションから警報が鳴らされたこと、しかし警備と連絡が取れないことも知った。

 

一体何が起きているのか、とにかく様子を見に行くというので睦美もすぐ服を着て同行することにした。

 

 

 

メディカルセンターはなぜか電気がついておらず廊下は真っ暗で、非常灯だけがぼんやり道標になっている。

 

特に何事もなくナースステーションに着くが真っ暗でひと気もない。

 

そう思った直後、巨蟲に襲われているナースがゾンビのようにヌッと出てきた。

 

 

驚愕したジュリアが突き飛ばしたせいか、ナースにへばりついている蟲が噛んだか何か痛がり出すナース。

 

ジュリアはモップで叩き払おうとするが虫はしっかりくっついて離れようとせず、睦美がスマホを借りてライトを照射した

 

すると虫は瞬く間に離れて暗がりへ逃げ込んでいった。

 

 

安全と思われたこの島でも、再び巨蟲パニックが起こってしまうのか…

 

 

感想

大巨蟲列島27話でした。

一体どこまで続くのか、巨蟲山脈とリンクしているなら本土にまで広がっているのでしょうか。

大巨蟲列島無修正版を読むならこちら