最新おすすめコミック
「2.5次元の誘惑」ネタバレ最新12巻無修正。エロ自撮りコスプレイヤーはアンチ多しでも峰不二子級ボディだから!

2.5次元の誘惑12巻
ネタバレ感想

2.5次元の誘惑のネタバレエロ画像無修正、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

副会長のまり姉は漫研に何かと入り浸るようになり、そのバブみレベルの高さでリリサの癒しとなっていく。

エロバニー 清楚ビッチ家庭教師、女王様風など、趣向を凝らしながらリリサの学力アップに寄与していく。

そして次の冬コミ、アプリゲームが元の覇権アニメのコスプレをすることになり…

 

2.5次元の誘惑12巻セミカラー

とあるオフィスの一角、鬼気迫る勢いでキーボードを叩き、上司からお茶を頼まれたら手が出そうなほどイラつく顔を返す目つきが悪い女性社員がいた。

 

年末の休日出勤は無理だとはっきり断れば、年始早々から出勤を命じられてストレスを蓄積させた彼女は、家に帰ってすぐアルコールで心を落ち着かせ、スーツを脱ぎ、エロ下着を誰にも気づかれなかったことに勝ち誇り、夜形態へと擬態する超絶オタク。

 

 

メイクで印象を変え、スケスケエロ下着のまま自撮りしてSNSにアップし、ドスケベ野郎共の反応で承認欲求を満たす今どきの拗らせ女でもある。

 

しかし比例してアンチも多いのでまたストレスを感じてしまうと、来たる冬コミでリアルでも美しいことを見せつけ、巨大囲みを作ってやると意気込むのだった。

 

 

そんな彼女、753とも知り合いで四天王の一人でもあり、自分ラブだからコスプレイヤーとしてもチヤホヤされたいタイプで、キャラの趣味傾向もちょっと病んでいるところがある。

 

つまりオタク界隈ではトップクラスに注目されてる存在だが特にアンチが多く、とはいえわざわざ悪意をぶつけてくるクズ共を憎みきれないのは、恵まれない環境で育ったせいで自分の人格が歪んだのと同じように、そいつらも似たり寄ったりの哀れな存在だと思うようにしているからだった。

 

 

だから人の変化には敏感なのか、753がただのビジネスコスプレイヤーでは出せない可愛さを放ち始めているのに気づいた。

 

その753がいうおもしれー女とやらが、時期的にアリエルコスのリリサだろうと目星をつけるのだった。

 

 

 

12月に入り、メンバーの衣装作りによい一層熱が入るリリサの指がボロボロになっているのに気づいた美花莉は、アリアやノノアと違って何も手伝えない自分を歯痒く思った。

 

そんな極上美少女のツンデレが尊すぎて最高なまりなは、チアガールで応援というできることを唆し、リリサのエロ可愛い女好きな心を刺激し、作業効率をアップさせてあげた。

 

 

学生たちがそうして頑張っている時、エロ自撮り女は全裸ソックスで酒を流し込み、双子レイヤーや753は半裸だった。

 

 

 

やがて美花莉専用のオリビア衣装が完成し、それを着た美花莉を見た奥村もノックアウトされたので、最高の仕上がりだと実証されたところで、リリサは次なる衣装に取り掛かっていった。

 

そしてラスト、自分が着る衣装をが完成したその日、タイミング良くクリスマスだったのでメンバーは手間暇かけて最高の衣装を作ってくれたリリサのためにサプライズを用意していた。

 

 

ピザもまるごといけるし、鳥の丸焼き数羽もイケる超食いしん坊なリリサはご満悦。

 

クリスマスだから銘々に予定があったりする中、奥村が帰って来るなと姉に厳命されていると知った美花莉は、ドスケベ着エロみたいな衣装だからか大胆に跨り、ヤル前提で家に誘うが普通にウブなのでキスでも精一杯。

 

 

更にプレゼント交換会と題したリリサへのお礼の品を渡していくと、なんだかんだで物品として一番喜んだのはあの人のモノだった。

2.5次元の誘惑無修正を読むならこちら