最新おすすめコミック
「モンスターの婚活屋さん」ネタバレ最新2巻。時代遅れなスケバンでも結婚したい!モフモフ露出プレイと豹変した新婚嫁!

モンスターの婚活屋さん2巻
ネタバレ感想

モンスターの婚活屋さんのネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

男の見る目が無さすぎる美人ママが大好きな結人は大人になっても超マザコンなまま、婚活アドバイザーの道へ。

そんなある日、さ迷い込んだモンスタータウンで高飛車な人狼のウルルと出会い、彼女の屋敷で同居しながらモンスターたちに向けて婚活事業を開始。

サキュバス風俗嬢に吸血鬼地下アイドル、メデューサの腐女子先生など、ウルルの屋敷はどんどん賑やかになっていく…

 

モンスターの婚活屋さん2巻

天上天下唯我独尊。

 

背中に刺繍した文字を堂々と背負い、竹刀を片手に街中を闊歩する時代錯誤なスケバン嬢。

 

サラシじゃ抑え切れない爆乳の持ち主はユニコーンのユーコで、またしてもウルルたちの同級生だ。

 

 

当時はメイサ先生が手を焼き、カミラの天敵的存在のユーコは今もレディースチームを率いているのだが、メンバーも敵対チームもデキ婚に出産に子育てにと抜けていき、そろそろ身を固める気になったという。

 

しかしユーコはユニコーンらしく処女厨で、角の治癒能力を活かしたアピールを提案されたら急にアイデンティティの押しつけだとブチ切れるDQN。

 

そんなところにメイサ先生が現れて、未だにサラシのレディースルックを見咎められて恥ずかしくなり、婚活なんてクソだとこき下ろして退散。

 

実は医者の家系でいいとこのお嬢様なユーコは、親に医師の道をゴリ押しされて反発しているところもある反抗期真っ最中だから、結人の分かったような提案にブチ切れたのだった。

 

 

 

敵対してたケンタウロスがぽっこり大きくなったお腹を披露してタイマンを辞退したのを皮切りに、チームメンバーも次々大きいお腹を理由に脱退。

 

あっと言う間に子供を産んで母親になれば、公園で世間話に花を咲かせるヤンママフレンズに早変わりし、それを覗き見るしかできないユーコは苛立ちながらも、自分以上の存在を得た彼女たちは成長したのだと思い知ったのだ。

 

 

 

それで婚活屋でいい相手を見つけに行っても思わず反発して飛び出せば、今度は男モンスター混成チームがお礼回りに絡んできた。

 

一人になったとは言え泣く子も黙るレディースの頭のままのユーコは、まさに一騎当千な強さでボコしていくが、卑怯にも豚のナイフでサラシを切り裂かれ、爆乳が露わになった隙を突かれてしまう。

 

 

処女好き発言は処女隠しのため、そう指摘するクソ豚もまた処女のユーコを狙っていたゲス処女厨なのか、はちきれそうなイチモツを放り出した。

 

その時、魔法陣が出現した結人が降り立ち豚を踏んづけたが、すぐに返り討ちにされてしまった。

 

 

次々乗り込んできたウルルにカミラにメイサ先生によって豚野郎どもは蹴散らされたが、結人はシャレにならない重傷を負っていた。

 

それでもユーコにかけるべき言葉をかけることを優先するものだから、ユーコはユニコーンの奇跡を躊躇なく使ったのだった。

 

 

 

母なる爆乳に抱かれながら角の光に包まれてから後日、ユーコもウルルの屋敷に引っ越し、婚活屋に入会したのだった。

 

まだ処女狙いだと言い張りながらも、結人もBL的には処女だというメイサ先生の解釈は聞き捨てならないものだった。

 

 

花魁耳かきエステ

特攻服とサラシの代わりにメイド服に着替えたユーコは、意外とウェイトレスの仕事が性に合っているようで、可愛い同僚からも褒めそやされて処女厨らしく愉悦に浸る。

 

産休中のチュー子の不在を補って余りある活躍にウルルがほくほくしたその時、婚活の新規お客さんとして現れたのがウルルと同じ麻呂眉でハーニスの商売敵とも言える垢嘗のかなめだ。

 

 

ハーニスはバリバリの性風俗で、かなめは耳かき主体のエステ。

 

西洋には根付いていない和の花魁らしい耳かきという狭い需要を突いたかなめのサービスは、遊郭の雰囲気に極上の癒しを与えるものであり、性器に触れずして絶頂させるほど触覚と聴覚を揺さぶる一級品

 

そんなかなめが狙っているのは、年収600万以上の冴えないタイプで専業主婦ポジション。

 

 

その収入で専業主婦は花魁らしい時代遅れな価値観で、同じ風俗業界人として厳しい婚活になるのが分かっているハーニスは、余計に相容れなくなった。

 

そんな後のタイミングのデリ客が、わざと汚い身体のままプレイさせようとするクズ男でハーニスの堪忍袋の緒が切れたので、かなめを召喚してやると…

 

モンスターの婚活屋さんを読むならこちら