おすすめ漫画・動画サイトの広告掲載中
最新おすすめコミック
「パラレルパラダイス」ネタバレ最新203話204話205話。やっぱり全員で7Pになったけど地獄のゴミ通路と最強の騎士!

パラレルパラダイス203話204話205話
ネタバレ感想

パラレルパラダイスのネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

イマリがいつもと違いすぎて、増援部隊にも踏み込まれてしまったが、なんだかんだとムッツリスケベがいたおかげで、また乱交する流れに…

 

203話

男を始末しにやって来た増援3人は女の本能に従順に、イマリに続いて発情するメスになった。

 

舐めて舐められ、入れられてしゃぶって絶叫して。

 

関西弁の嬌声が轟くと、リーメアリーはどっかとベッドに座り、何でもお見通し顔で落ち着き払う。

 

そして横を見ればルーミも愛液を垂らしているので指摘し、もう何度も痴態を晒している彼女を辱めるが、高貴なフリをしてもベッドに座ったのは興奮を誤魔化しているだけだと分かったルーミは恥ずかしい体勢にしてやった。

パラレルパラダイス

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2022年43号

 

 

そうすると結局、全員が彼に群がる最終局面に入った。

 

復活してイマリと我慢できないルーミも加わると、プライドを捨てたリーメアリーも雪崩れ込むと、彼は完全にマグロ状態になるしかなかった。

パラレルパラダイス

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2022年43号

 

 

やがて朝になる頃には、数人がベッドから転げ落ちていた。

 

 

朝食の時間になると、ガーディアンが7人もいる光景に彼の感慨も一塩、頼もしさしか感じないが、しかしイマリたち新顔は既に一晩の過ちの気持ちで暗く、首に痣ができて今までの生活が出来なくなることを嘆いた。

 

そんな女子たちの温度差など気づかず、彼は一晩で8人とやったことに達成感を覚えた。

 

ともあれ関西弁は仲間になったつもりはないし、何をするつもりか聞く気も知る気もないときっぱり言い渡して出て行こうとした。

パラレルパラダイス

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2022年43号

 

 

彼はその前に、崩月から救う活動だから心の中で応援だけしてくれと求めた。

 

それでも関西弁は聞きたくないと吐き捨て、4人は後腐れなく出て行ったのだった。

 

だからリーメアリーは、まさに本能に抗えなかったワンナイトラブなのだからあの態度も止む無し、死を覚悟した悲愴的な思いでヤった自分とは違うと励ますが、男にとって悲愴感を持って交尾された方が辛いのは言うまでもない。

 

すると従業員二人が自分たちは望んで交尾したのだと伝え、彼のプライドを守ってあげたのだった。

パラレルパラダイス

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2022年43号

 

 

 

こうして初めの3人で城の前まで行くと、予定通りにリーメアリーは正面から何食わぬ顔で登城して、二人は秘密の経路から侵入することに。

 

ただ秘密の経路はどう見てもまともに整備も処理もされてない下水道のような臭気が溢れ出る極悪な環境

パラレルパラダイス

著者名:岡本倫 引用元:ヤングマガジン2022年43号

 

 

1000年も誰かが通った形跡さえないのに、中に通じているのは確実だと言い切るリーメアリーに頑張ってと応援されても、彼らはイラつきしか感じなかった。

パラレルパラダイスを読むならこちら