最新おすすめコミック
「マザーパラサイト」ネタバレ最新7巻。家庭内暴力に耐えかねたママは小悪魔男子と一緒にお風呂で生乳を押しつける!

マザーパラサイト7巻
ネタバレ感想

マザーパラサイトのネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

母の行動で拘留期間が伸びた薫は静かにブチ切れ、スカート捲りに始まる家庭内暴力思春期男子に変貌してしまう。

リカが心身共に追い詰められていく一方、仲村は涼太の病室で全裸を晒して身体測定されていた…

 

マザーパラサイト7巻

薫が綴った謝罪の手紙はリカをより突き落としただけだった。

 

拙い文章の中のトラウマを呼び起こすワードだけが視界に飛び込み、母親としての正しさを奪ったのは息子だったのだと嘆き、また涼太を妄信する追い風になってしまう。

 

そこに折檻できる道具を持ち歩いた薫が現れれば恐怖に襲われ、家庭内暴力に震える犬になり切ってしまうのだった。

 

 

 

その頃、リカの心を掴んで離さない涼太は自分が殴り殺しかけた三木早苗のお見舞いに行きがてら、病室で笠井家を乗っ取る算段を詰めていた。

 

 

 

リカの怯える姿で辱めるという言葉の意味を知って一つ知識を増やした薫が、後悔に打ちひしがれながら登校すると、さっそく無関係なことに首を突っ込んで歪んだ正義感をひけらかす同級生たちのストレス解消の的になった。

 

一人では何もできないクズ共の悪意をぶつけられる薫だが、母親にした仕打ちを思ってグッと耐えていると、そこに颯爽と現れたのが生々しい傷痕を残した涼太だった。

 

ちょっと前までは涼太を迫害し、今度は薫に石を投げる救いようのないクズ共に殊更明るく話しかけ、傷痕をさらけ出して死の香りを煽り、薫の異常性をアピールしていく。

 

 

そうすればクズ共はビビり、保身に走り、チョロく手を出さなくなった。

 

 

共謀して自分を殺そうとした相手を助ける理由。

 

表向きは麗しの友情を再開する爽やかさを見せつけてやるが、もちろん目的は笠井リカだった。

 

 

涼太のおぞましさを忘れてしまった薫は、自分がいなければママは穏やかさを取り戻すと一念発起し、荷物をまとめて家出を敢行するが、さすがにリカが放置するはずもなく。

 

夏の暑い最中、方々に電話をかけ、心当たりを歩き回って探すが色々な考えが駆け巡り、母親という肩書を捨て去ってしまいたくなった。

 

その時、監視していた涼太は見計らって声をかけた。

 

結局、行く当てなど無い薫がさ迷い歩いているうちに一緒にいる二人を見つけた時には、リカは恋人と寄り添っているかのように甘く穏やかに心地よさそうに無防備な寝顔を晒していた。

 

 

それで自分より涼太といるべきだと確信した薫は、自分こそ涼太を殺そうとしたのだと警察に自首したのだった。

 

 

 

薫の自白、聖也の釈放、涼太はまた堂々と笠井家へ。

 

 

仲村の全裸サイズを測った借りは返した涼太は、晴々と仲村家に別れを告げて笠井家に向かうと、リカがばっちりメイクとオシャレを施して出迎えていた。

 

 

二人の少年と母親が悪魔にコロコロ転がされて続けているこの時、殺されかけた元母親、三木早苗が目を覚ましたのだった。

 

マザーパラサイトを読むならこちら