おすすめ漫画・動画サイトの広告掲載中
最新おすすめコミック
「パラレルパラダイス」ネタバレ最新251話252話253話。気合で死を回避できるなら苦労はない幼馴染みの軽蔑

パラレルパラダイス251話252話253話
ネタバレ感想

パラレルパラダイスのネタバレ最新エロ画像(raw pdfはNo)、感想、無料で読む方法を紹介。

 

彼に一服盛って欲望を限りを発散したヒメは、宣言通りに自死を選んだ。

しかし、しれっと覗いていたルーミらに解毒薬を飲まされて一命を取り留め恥の多い人生を生き続けることになった一方、懐かしのリリアが凄いことになっていた。

 

 

251話

三千年前に何があったのか、大迷惑を被っているこの世界のリリアたちにとっては最重要な知られざる歴史。

 

嫉妬深い神がヨータを恐れる理由は唯一破れた相手だからと大特異点が説明すると、メロメロ乙女ちゃんのリリアは我が事のように誇りに感じて惚れ直し、その他も矢継ぎ早に質問。

 

 

その時、大特異点の顔が透け始めた。

 

雲に隠れたのか、月が欠け始めると同じように透けていく連結システムらしく、大事な話はまだまだ終わっていない。

 

リリアは焦りながら取りあえず自分はどうすればいいのかと訊ねるが、根性で崩月を止めろ次の満月までは生きろとどうしようもないことを求められるので、ならば根性で消えるなと求め返すが、大特異点も同じく無理と吐き捨てて消え失せてしまうのだった。

 

 

 

リリアが夢と希望と焦らしだけ与えられた一方、ヨータ陣営は話合いの場を設けていた。

 

エルフの薬のおかげで重傷だった一行はすっかり元気元通り、それは喜ばしいが目下、国母を倒す算段はない。

 

元の世界の知識を当てにして国母の弱点を見つけたつもりだったが、結果は御覧の通りに大外れ。

 

後は逃げるのがやっとだったわけで、他のモンスターと符合する特徴もなさそうな感じ。

 

 

カウガールがしょーもない冗談を言っても空気は和まず、ムッツリだが真面目で可愛い三白眼の真面目くさった物言いが心地いい。

 

結局、策も何も浮かばない彼が自己犠牲精神で一人で挑むというのが精々で、弱点が見つかるか分からない一か八かの命懸けの戦いに他は巻き込めないと言い出す。

 

するとちょこんと椅子に座る姿が褐色豚でも可愛らしいリーメアリーが、ただの現実逃避だと却下し、仁科から聞いてもう残機はないことも知っているので、唯一の希望の浅はかさを指摘した。

 

すると関西弁がまた喧嘩を売るかのように、カッコいい自己犠牲精神はさっさと元の世界に戻って見捨てるつもりでは、と疑惑を投げかけた。

 

その疑いを誰も咎めない辺り、全員が少なからず思っている様子。

 

 

今までの彼なら切れても良さそうな失礼さだが、一人で特攻する浅慮さも認めて、一人で考えたいと外に出た。

 

 

唯一の希望と言っても彼に大して特にリスペクトの念はない付き合いの短いガーディアンズに疑われた彼は、幻想的な滝を眺めながら自虐に耽る。

 

魔女相手には毎度命を減らして戦ってきたが、今度はラスボスの一人みたいな女王で、完敗したばかりの彼は全く勝機も意欲も見いだせないし、その次に控えているのが母親の憎き仇で恐怖の象徴みたいなサイコパス金城だから、クリア後のRPGの裏ボス連戦みたいなもの。

 

しかも死んで元の世界に戻ってもだるま状態の生き地獄

 

ほぼ死ぬ戦いに挑み死にたい体になって管に繋がれるか、全てを放置して交尾三昧の人生を謳歌するか。

 

そんな逃げの一手を思わず漏らしたのが、いつの間にかそこにいた仁科に聞かれて軽蔑の視線を寄越されるのだった。

 

パラレルパラダイスを読むならこちら