ハレ婚98話ネタバレ感想

第二回ハレ婚祭で、眼鏡美女で一児の母の美鈴に目を付けた龍。

お宅訪問で彼女のシングルマザーっぷりにほだされた小春を横目に、母はほくそ笑んでいた。

 

 

98話

食卓に戻った橘親子。

美鈴が未来に目配せをすると、幼くて可愛い娘はピアノのおもちゃを抱えて、龍をパパと呼び小さなお願い事をした。

 

緊張した面持ちで見守る美鈴の思惑を分かった上で、優しく教え始める龍。隣の女性が子供好きをアピールしようと絡むが、見事に教え込まれた通りのリアクションを返す未来。

 

 

その健気なやり取りにほだされたのは小春一人のみ。参加者が帰った後でさっそく美鈴親子を持ち上げるものの、ゆずは敏感に裏の顔を嗅ぎ取って難色を示す。

小春の単純バカ振りをバカにするゆずを宥めた龍は、美鈴の魂胆を分かった上で、何か仕掛けるつもりだった。

 

[ad#co-2]

 

宿に戻って大浴場で体を洗っていた橘親子。娘の名演技ぶりを褒めながらも、背中にいくつもある根性焼きの痕を見て申し訳なさを募らせる。

 

そんなところに、怖いお姉さんのレッテルを貼られた巨乳が、美鈴の陰口を言いながら入って来た。
しかし美鈴は、そんな陰口などなんでもないように、真っ向から睨みつけた

 

全部バラしてやるといきり立つ巨乳。美鈴はそれ以上言い返そうとせず、部屋に戻ってママは怖い魔女だから大丈夫よと笑顔を見せて、未来を寝かしつけた。

 

そして、夜が明けて答えが出る日がやって来た。

 

 

感想

ハレ婚98話でした。

父親の虐待から娘を守るために離婚、という筋書きでしょうかね。よくある話とはいえ、当事者には地獄のような日々でしょう。

巨乳女さん。チクるような行為は自分の好感度も下げるパターンが多いですよ。

 

[ad#co-3]