終末のハーレム25話
ネタバレ感想

絵理沙への一途な思いが身を結び、谷口の心を開いた怜人。

翌日に目的の話を聞けるはずだったが、その日の深夜、何者かがおばあちゃんを亡き者にしようと行動を起こした。

https://kuroneko0920.com/archives/18831

 

片桐麗亜

命は取り止めたものの、未だ予断は許さない状況だった。

 

呼吸器と心電図の音がやたらに大きく聴こえる病室に怜人一行は集まり、生死の境を彷徨っているおばあちゃんの寝顔を見つめていた。

 

マリアは心から心配しているように、おばあちゃんの回復を祈っている。

 

怜人は看護師から預かっているものがあると言われた。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

それは、深夜容態が急変した時に、苦しみながら彼女が力を振り絞って託したものだった。

 

「あたしに何かあったら、あの兄ちゃんに渡してくれ」

それは彼女と夫のツーショット写真だった。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

彼はそれを受け取り、また返せる時が必ず来るように「一旦預かっておきます」と答えた。

 

もう不安そうな顔は見せず、キリっと眉をあげて、谷口さんが元気になったら返しに来ます。

そう言って、看護師に深々と礼をして彼女をトキめかせた。

 

麗亜は無表情で彼らのやり取りを見ていて、それをさらに朱音が胡散臭そうに観察していた。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

その頃人類のために毎日腰を振っている火野恭司は、ホテルの一室にお気に入りの玲奈と先輩とツインテにエロい格好をさせて侍らしていた。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

サイドに陣取ったリカ先輩は、ここぞとばかりに「あ~ん」をして、火野の興味を引いていた。

憧れだった先輩にあ~んされて、火野はもちろん嬉しくてテンションが上がり始める。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

二人の世界に入ろうとするのに嫉妬したツインテは、もう一段階上のご奉仕をすることに。

 

火野が喉が渇いてようがどうだろうが関係なく、ワインをグイっと呷り、口移しディープキスという、アルコールにキスのねっとり感で欲情させる素晴らしい一手を打つ。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

だが、元祖お気に入られの玲奈も黙っていなかった。

 

首筋に垂れたワインを舐め取り、じわじわ下に移動して性感帯に近づいていこうとする。

 

それを今度は、リカ先輩が黙っていなかった。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

まどろっこしくなった火野は同時多発4Pを始めた。

 

右手でリカ先輩を揉みしだき、左手でツインテをこねくり回し、真ん中で玲奈を突き上げた。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

もうどれが誰の喘ぎ声やら分からなくなって来たが、女たちには関係なく彼の名を呼んで快楽を貪っていく。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

夢のハーレム。

しかし、毎日毎日ハーレム生活が続いていた彼は、さすがに飽きてきていた。