黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想

黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想

エロ ゆらぎ荘の幽奈さん

「ゆらぎ荘の幽奈さん」無料ネタバレ感想74話&75話。ヤンキー新入生のクマさんパンチラ!

ゆらぎ荘の幽奈さん

更新日:

ゆらぎ荘の幽奈さん74話
ネタバレ感想

ホワイトデーのお返しも滞りなく渡せて、そろそろ季節は本格的な春。

出会いと別れが訪れるこの時期。

進級するコガラシたちにも、待望の後輩ができるのだ。

 

 

スカジャンスカートの甘辛コーデ

終業式が終わり、進級が確約された高校生たちに待ち受けるは程よく休める春休み。

 

二年になることを人一倍楽しみにしている兵頭は、初々しい美少女後輩が無条件に慕ってくれる未来を夢見ていた。

 

相変わらず性欲に忠実な彼は置いといて、芹は千紗希に会わせたい人がいるとかで約束を取り付けた。

 

何気ない彼女たちの会話を聞いていた兵頭は、目を細くして感慨に耽っていた。

 

かつて柳沢芹は、不良の吹き溜まりだった中学から3年次に転校してきた。

その当時はまだまだ荒れていたものだが、千紗希と仲良くなってパンピーの仲間入りをしたという過去を持っていたのだ。

 

 

さて、約束の日がやって来た。

ショッピングモールで芹の友達の会わせたい人とやらを紹介されたのだが、どこからどう見ても純度100%のヤンキーで、そそり立つリーゼントを作るのにどれだけ時間がかかるのか気にする隙も与えてくれないほど、異質なプレッシャーがあった。

 

その名も轟紫音

この春から高校1年生になる後輩だった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ37号

 

 

 

そして、なぜ千紗希に会わせたかというと、彼女は高校デビューを画策していたのだ。

 

元々ヤンキーになりたかったわけじゃなく、学校が荒れているものだから自然とそうなっただけで、高校進学を機に、普通の女子高生に戻りたいらしかった。

そこで芹をパンピーにしてくれた女子力の化け物の千紗希に、もう一度腕を振るってもらおうと思ったのだ。

 

 

何をおいても、まずは見た目から入れば気持ちも変わる。

 

さっそくイカツイ制服から白のブラウスとミニスカート、髪型を外ハネで遊ばせて眉を書けば、あっという間に甘辛コーデの美少女の誕生だ。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ37号

 

 

しかし、これ以上甘くされたら胸やけしそうらしく、スカジャンだけはそのままに。

 

 

その格好で外を歩き出してさっそく、すれ違った男二人から可愛いの一言を貰えて有頂天に。

 

その直後、偶然を装って現れたのはコガラシと兵藤だった。

 

あの不良高の生徒と会うと聞き、兵藤は心配して様子を見に来たのだ。

それはいらぬ心配だと教えてやるために、芹と紫音は仲良しアピールで肩を組んで見せて安心させた。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ37号

 

 

 

3人がわいわいやっている横で、千紗希はわざわざ来てくれたコガラシに気を使う。

 

そんな恋する乙女の気持ちをあっさり後輩にバラす芹。

 

恩人の恋を成就させるべく、義理と人情に厚い紫音はさっそくコガラシのパーソナルデータを探るべく、面を貸してもらうことにする。

 

 

そこに現れたのは、紫音の後輩二人だった。

 

姐さんのデート中だと勘違いした二人はヒューヒューと言わないまでも囃し立て、祝福の言葉を残して去っていった。

騒がしい二人に代わって紫音は謝るが、心の広すぎる彼はどこまでもイケメンな答えを返した。

 

 

フード&ドリンクを買って戻る途中、スカジャンも言葉遣いも直さなきゃなんて言う紫音に、彼はお決まりの「そのままでいいよ」的な殺し文句を一発かます。

 

それでまたもや恋に落としかけるが、彼女の携帯に連絡が来て意識を切り替えた。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ37号

 

確認した彼女は、トレイを彼に託して飛び出していった。

[ad#co-1]

 

彼女を呼び出したのは、時代錯誤も甚だしいヤンキーのナンバー2、眉無しのアズサだった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ37号

 

 

男を使って人質を取り、容赦なくバットを振り下ろそうとした時、駆けつけた紫音の飛び蹴りが横っ面にクリーンヒットした。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ37号

 

 

マスクのおかげか大してダメージはないようで、ヤンキーを卒業しようとしてるのに、こんなとこにいていいのかーい?と煽るアズサ。

 

それに紫音は言ってやった。

ヤンキーは卒業しても、ダチまで卒業するつもりはないってな

 

 

感動の一言にイラついた悪役たちが飛び掛ってきた。

 

そこに颯爽と現れるのが、イケメン主人公コガラシだ。

 

金属バットのフルスイングを易々と受け止め、紫音を守った。

 

そして人間離れした怪力で悪漢を持ち上げ、どんな過去を持ってても分かってくれる奴は分かってくれるさと紫音にアドバイス。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ37号

 

 

そして恐怖を与えるには充分なバット握りつぶしを見せつけ、血を流させずに場を治めた。

 

 

恩人の千紗希の想い人である彼を探るつもりだったのだが、もう今は他の女子に塩を送るような行動はできそうになかった。

[ad#co-2]

 

75話

春晴れの爽やかな朝。

 

コガラシはゆらぎ荘の前を箒で掃いていて、屋根の上には猫神に埋まるように夜々が心地良さそうに惰眠を貪っている。

 

そろそろ行かないと遅刻するぞと声をかけると、彼女は猫のようにうに~っと伸びて身体を解していく。

 

そして、彼は朝からいいものを拝ませてもらって、彼女の新生活の始まりを注意した。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ38号

 

 

 

さて、同居人たちが通っている湯煙高校の新入生になった夜々が期待に胸を膨らませていると、お祝いするように一匹の猫が足にすりすり。

 

その後で友達のなずなが合流し、ドキドキのクラス発表を見に行くことに。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ38号

 

 

 

もちろん二人は同じクラスになってキャッキャウフフとはしゃぎ出す。

 

その時、既に噂になっている要注意人物が教室に入ってきた。

 

その名も轟紫音

悪そうな奴は大体友達だと恐れられているヤンキー中学の番長だが、その可愛らしい実態を知る者は少ない。

 

 

一般的な中学出身の同級生たちは触らぬ神に祟り無しを合い言葉に、入学早々彼女と距離を取り始める。

 

せっかく見た目を変えて平和な高校デビューをしようと思っていた彼女は出鼻を挫かれるが、これも自業自得だと思い、緊張しながらも自分から声をかけてみる。

しかし、ただ怯えさせてしまうだけだった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ38号

 

 

 

その時、めんどくさそうな教師に上着自由でもスカジャンはあかんやろと注意され、ちょっとした反抗で更に同級生たちの印象を悪くしてしまう。

 

 

 

入学式は恙無く終わり、教師陣も新学期に心機一転頑張る心持ち。

 

その中で、初めて担任を受け持つ目隠し先生こと夢咲は、担当がコガラシのいる4組なのを心配されていた。

 

霊能力などない教師からしてみれば、彼は確かに学校に一人はいる危ないオカルト野郎にしか見えないが、夢咲にはしっかり幽奈が見えているので、彼が本物だと知っていたのだった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ38号

[ad#co-3]

 

教室に戻ってきた紫音は、もう遅いことに気がついた。

 

自分以外はそこかしこでグループを作り、始まったばかりの新生活に浮かれている様子で、あちこち視線を送ってみても誰も目を合わせてくれず、完全に危険物扱いされていた。

 

しかし、たった一人、多種多様なメンバーと生活を共にしている夜々だけは彼女の本質を見抜いたのか、ジッと目を合わせ続けてくれている。

 

これはチャンスだと思い、ヤンキーの名残をこれでもかと漂わせながら距離を詰めていく。

 

だが、その抜けきらない雰囲気のせいで、なずなに引っ張られて逃げられてしまった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ38号

 

 

 

 

ならば部活に入って青春の汗を共に流し合う戦友を作ろうと考え、部活勧誘の輪の中に飛び込もうとした。

 

その時、満開の桜に何かを見つける。

 

 

一足遅れて校舎を出てきた夜々となずなとその他男子。

すると、桜の木の上の方に、紫音が登っているのを発見。

 

よく見ると、彼女が手を伸ばした先に一匹のが震えて縮こまっているではないか。

 

無事に猫を捕まえた彼女の姿に、イメージだけで遠巻きにしていたしていた自分を恥じ、純粋な優しさに彼らは心を打たれる。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ38号

 

 

 

だが、猫が暴れて枝が折れ、紫音は踏み止まれずに落下してしまった。

 

洒落にならない高さから落ちた彼女を助けようと駆けつけるが、なぜか紫音も猫もどこにもいなかった。

 

 

それは、地面に叩き付けられる前に夜々と猫神が助けていたからだった。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ38号

 

 

誰も気づかないのは猫神の成せる業で、夜々は猫を助けてくれたお礼を一言。

 

紫音は逆に命の恩人にお礼を言われて恐縮。

 

 

その時、暴れ回ってた猫がじゃれつこうとして飛びかかり、落ちる途中で破れてしまったスカートを引き摺り下ろして、可愛いクマさんパンツを大公開させた。

ゆらぎ荘の幽奈さん

著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ38号

 

 

 

猫神の能力で見られていないとは言え、さすがに露出する趣味はなかった。

 

ともあれ、命がけで猫を助けたところは見られていたので、同級生たちの印象はガラリと変わって楽しい高校生活が送れそうだった。

 

 

感想

ゆらぎ荘の幽奈さん74話と75話でした。

はい、また一人ハーレム要員が増えましたね。

夜々が一歳下だってこと完全に忘れてたのは、彼女の学校生活が描かれてなかったのだから仕方ない。

他にビッチ系の後輩キャラが出る事も期待しますが、やっとついに目隠し先生に活躍の場が・・・

ゆらぎ荘の幽奈さんを無料で読む方法

[ad#co-4]

-エロ, ゆらぎ荘の幽奈さん
-, , ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.