著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

終末のハーレム31話
ネタバレ感想

終末のハーレム31話のネタバレと感想、漫画を無料で読める方法を紹介。

東堂に襲われ、保健室で4Pを体験した翔太は、ゆず先生が遠くへ行ったと聞かされ、軟禁生活に我慢ができなくなってきた。

そして憂さ晴らしにゆず先生似の女の子とメイティングした翌日、かつての同級生、星野と再会する。

https://kuroneko0920.com/archives/31070

 

ゲスと担当官

翔太はまだウイルスが蔓延する前の世界の星野を思い出していた。

 

その頃でも、体育の授業では女子はブルマーを穿いていて、男子たちはいやらしい視線を向けながら、特にタレントを目指している美少女の星野には遠慮なく舐めまわすように見ていた。

 

時代錯誤なブルマー姿の彼女を見ながら、男子たちはヤリたいやら付き合いたいやら欲望をむき出しにしながら、グラウンドを走っていた。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

それを横目に聞いていた翔太は、心から蔑んでいた。

 

その流れで翔太に絡んできた男たちも、今やその他大勢と一緒にウイルスであの世送り。

 

 

 

そんな同級生男子たちがいやらしい目で見ていた女子、もとい今は大人の星野が、翔太を前にして遠慮がちな態度を見せていた。

 

彼女の目的は、この男性が翔太だけしかいないと思っている世界で、どうにかタレントとして生きていくために、彼に力添えをしてもらうことだった。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

男がいない。

つまり、可愛さや色気だけじゃ芸能界で生きるには厳しい。

 

そこで、かつていじめを見ておきながらガン無視したことは水に流して、どうか一つ世界一貴重な人間であるところの翔太に力を貸してもらおうと擦り寄った。

 

 

だが彼は、彼女が握ってきた手をさり気なく離し、この学校が自分のメイティング専用施設なのを知っているかどうか確かめた。

 

そして彼女がそれも承知の上だと知ると、躊躇いなく全裸を要求するゲスっぷりを見せつけた。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

彼女は引いているのを素直に表情に表しながら、冗談でしょと訊き返す。

 

もちろん冗談だよと彼はイケメン風味で答えつつ、やはり直接いじめられなくとも放置も同じく罪だと言わんばかりに、虫が良すぎると吐き捨ててその場を後にした。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

星野も階下に下り、廊下にいた柊と一条に声をかけた。

 

挨拶をしたのに無言を貫かれたのもなんのその、翔太を籠絡するために二人から彼の好きなものや何やかやを訊き出そうとしたら、なんで私たちに訊くのかと至極全うに訊き返される。

 

そこは素直にカレンに教えてもらったからだと答えると、一条が一歩前に出てきた。

 

 

そして何でここにいるの?と問い詰められる。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

妙な迫力に気圧されてすぐに答えられないでいると、二十歳を超えているおばさんなのをあげつらわれ、同級生だとは認められないと睨まれてしまう。

 

 

思いのほか気の強い一面がある温室育ちのお嬢様を前にして何も言えないまま、二人が去って行くと、今度は爆乳バレー女子の東堂が計ったように現れた。

 

すると彼女は連携プレーのように、私たちは翔太の寵愛を受けるライバルであると同時に、彼が目覚める前から同じ学び舎で学んできた友達だと宣言した。

 

だから、もう大学を卒業していてもおかしくない年齢のぽっと出の同級生なんて認められないと言い切ったのだった。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+