DUGA
著者名:ミウラタダヒロ 引用元:少年ジャンプ2018年6号

ゆらぎ荘の幽奈さん93話
ネタバレ感想

ゆらぎ荘の幽奈さんのネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

千紗希や雲雀に遅れを取るまいと、同じ温泉郷地区にある旅館にコガラシとお泊まりした幽奈。

そこで一線を超えそうで超えない思い出を作っていた頃、とある大都会のビルの一室で、狐の臭いがする少女が温泉郷フェスの映像を観て、幽奈に気づいていた。

https://kuroneko0920.com/archives/37446

https://kuroneko0920.com/archives/37664

 

93話

生前の幽奈がどこの誰か知っているらしいロリ少女は黒髪ワンピース姿に変化して、ゆらぎ荘の前に立っていた。

 

幽奈を天狐幻流斎と呼ぶ少女の説明によると、天狐家は御三家の一角であり、妖狐を身に宿し力を増幅させ、関東一円を統べる大勢力なのだそうな。

その中でも幻流斎こと幽奈は一族史上の最高傑作らしい

 

そんな相手に会おうとしている少女は、緊張感を漲らせていた。

一度、生前の幽奈の映像を観たことがあった少女は、確かにあのフェスに出ていた幽霊に間違いないと確信していた。

 

そして妖狐のはしくれであるこの少女の名は葛城ミリア

 

喉から手が出るほど数多くの妖怪に狙われている依り代タイプなため、こうして人間に変化しているというわけだった。

 

 

しかし、ゆらぎ荘へと続く階段を上りきった直後、いきなり変化が解け、ピンク色の面積の少ない水着姿にさせられてしまった

 

それなりに自信のあった変化を上書きしたその葉札術の使い手は、もちろんこゆずだった。

 

手品の練習をしていたらしいこゆずはごめんと言いながら、ミリアを見た瞬間に化け狐だと看破。

化け狐の呼び方はダサいと思っていたミリアは妖狐だと言い返し、チョロく正体を暴露してしまう。

 

 

もう今更だが、今度は自分の葉札術でまた人間の姿に戻り、どうにかただの人間の少女だとゴリ押ししようとしたが、化け狸のこゆずには普通に見破られているし、また葉札を飛ばされて元の姿にされてからさっきの胸元の隙間が気になる水着を着せられてしまった

 

なぜ執拗に水着を着せてくるのか?

 

イラっとしたミリアは葉札を飛ばし返し、こゆずにも水着を着せて辱めてやろうとしたが、おませなこゆずにはまだ大して恥じらいの感情はなく、効果はなかった。

 

お互い11歳だと名乗り合い、こゆずは単純に楽しくなって葉札合戦を始め、ミリアはイラつきながらも変化で負けるわけにはいかず闘志を剥き出しにしていく。

 

ただやることは変わらず、絶妙に攻めつつちゃんと似合う水着を着せ合う戦いを続行

 

 

 

ミリアはもう暗黙の了解を捨て去り、大事なところを隠していない格好にさせる葉札を飛ばした。

 

しかし狙いがずれ、起き出して来た呑子にヒット。

いつか千紗希がやられたようなショーツを胸にあてがうエロすぎる格好にされた。

 

ミリアはすぐに謝ったが、常にどこかしら露出しまくっている呑子にとってみれば、初対面の少女に裸を見られることなどなんでもなかった。

 

 

一先ず、幻流斎に会いに来た当初の目的は後回しにして、この子狸との勝敗をつけなければならないと思った。

 

お互い特大の葉っぱを取り出し、もはや変化というレベルを超えた、戦隊ヒーローものの悪役の最後の手段と同じく巨大な手札を出現させた。

 

ミリアは妖狐のはしくれらしく、巨大な狐を。
こゆずは愛してやまない素晴らしい胸を持っている進撃の千紗希を。

 

千紗希ちゃんマンだと矛盾した名前を楽しそうに叫び、狐と千紗希が渾身のストレートを打ち合った。

千紗希の一発は見事に狐の頬に打ち込まれたが、狐はリーチや骨格のせいか顔に届かず、ある意味弱点の胸に打ち込まれ相打ちになって消失。

 

 

15m級の高さに放り出された2人を呑子がやれやれという風に助けようとしたその時、タイミングよく帰宅した幽奈とコガラシが先にキャッチして2人を助けた。

 

それがミリアと幽奈の初めての出会いであった。

 

 

その後はいつもの流れで客人をもてなし始める住人たち。

 

なんだかんだワイワイ話しているうちに、幻流斎こと幽奈が記憶を失っているらしいことが分かったミリアは、天狐一族に入る葛城家の悲願を達成できないかもしれないと心配になり始めた。

 

その時、お付の狐がとんでもないことを教えてくれた。

さっき裸をものともしなかった爆乳お姉さんと、華麗にこゆずをキャッチした彼の霊波紋を調べたところ、二人とも御三家の一角を担う者だと言われ、ガクガクブルブルせずにはいられなくなった。

 

さすがに、この一箇所に御三家が揃っているのは偶然とは思えない。

 

今は無闇に幽奈に生前のことを話すのはやめておこうと思い直した直後、こゆずに無邪気な笑顔を向けられ、一人で緊張していたのがバカらしくなるのだった。

 

 

感想

ゆらぎ荘の幽奈さん93話でした。

これはなんだかんだゆらぎ荘の住人になるパターンとしか思えないです。

まあかるらも紫音も住みはしなかったので、そろそろ新しい住人を増やしてもいい頃合いでしょうし、こゆずとの絡みで幅ができそうですね。

もしかしたら、学校に通うようになるかも知れませんね。

https://kuroneko0920.com/archives/38362