著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

インフェクション88話89話
ネタバレ感想

漫画インフェクション88話と89話のネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

漆原殺しの犯人探しは次第に熱を帯びていく。

議論の間中ずっとパソコンを操作していた鹿島はついに、天宮教授が保菌者騒動の犯人だと証明するデータを見つけたと言い出した。

果たして、本当に彼が犯人なのか?

https://kuroneko0920.com/archives/37213

 

88話

榎並は小鳥に鮫島側のパソコンデータを盗ませ、自分では天宮側のパソコンデータを盗み、それを鹿島に解析させていた。

 

興奮した鹿島がデータをサーバーにあげたというので、小鳥と榎並もすぐにスマホで確認した。

そこには、方角といくつかの数字が羅列された表があった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

小鳥は単純に理解できなかった。

この表と数字が何を示しているのかさっぱり分からなかった。

 

しかし、会場にいる研究者たちはその数字の意味をすぐに理解し、信じられないといった驚きの表情を見せている。

 

小鳥は一緒に画面を見ていた榎並を見た。

榎並がいつもと変わらない人を食ったような笑顔を見せるので、こいつも理解できないんだなと思い、頼るのを諦めた。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

取り残された二人は、誰かの解説を心の底から願った。

その時、願いが通じたのか天宮のアシスタントが誰に聞かせるともなく丁寧に説明してくれたので、議論についていけそうだった。

ただ天宮は記憶にないという。しかし、鹿島は追窮の手を緩めようとはしなかった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

それでも天宮は記憶にないとしか答えられない。

 

すると鮫島が、二重人格だと疑っている事を明かし、今まで意識が飛んだ経験はないか?と訊く。

それを天宮は肯定した。

 

ここ10年はそういう症状は全くないとも補足したが、自分でもコントロールできない時間を過ごした事がある事実は、彼への不信感を募らせるのに十分なものだった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

鮫島教授の特殊能力のような特技が実証されはしたが、まだ晴輝がいつ死んでもおかしくない死地を潜り抜け、香里に至っては保菌者に噛まれて死んだ事実がある。

自分の子供二人を顧みず、そんなことをしたと覆せるだけの証拠に気象データがなり得るとは疑問が残る

そう思ったが、小鳥が今それを言い出しても信頼を回復できそうな空気ではなかった。

 

自分が無実であると自分でも分からないらしい天宮は立ち上がり、自分の認識では保菌者騒動と関わりはないと前置いてから、隠していたことがあると切り出した。

 

天宮は保菌者に噛まれて死んだ娘の香里が蘇った事を口にしようとした

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

しかしその時、「僕が犯人です」と大きな声で遮る者がいた。

 

それはこの場で一番幼い栄太だった。

 

 

自分たち子供をいじめる大人たち全員を殺すためにダクトに細工して感染者を引き込んだのは自分だという栄太。

だからあえて避難地域に行かずに残ったのに、助けるべき小鳥や天宮が疑われてしまったのは失敗だ、などと見せた事のない邪気を孕んだ表情をした。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

小学生ができることじゃないと言われれば、いつ何を使ってダクトに穴を開けたのか白状し、逆に小さな身体の子供の方がやりやすいだろうと、挑戦的な目つきであっさり暴露していく。

 

会場は彼の証言を鵜呑みにし始めるが、小鳥は天宮を庇うための嘘だとしか思えなかった。

 

そして栄太は、自分たちを守り、そのせいで保菌者に噛まれて死んでしまった香里のように、自分も誰かを守れる人になりたいと思ったと言った。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

小鳥は自分が苦しみから逃れることばかり考えていたことを恥じた。

自分よりも子供な栄太でさえ、恩を返そうと自分を後回しにしている。

 

今度は栄太への疑惑を解消するとともに、保菌者騒動の犯人探しに論点がずれてしまっているのを修正しなければならない。

 

そのために奴が吐いているを証明するための決定的な証拠がいる。

そう考えた瞬間、フッと視界が開けた。