著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

インフェクション92話93話
ネタバレ感想

インフェクションの最新話、最新刊ネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

香里の天才性に感動した鮫島は、尿を欲しがる変態性を見せ始めた。

すったもんだのトラブルが起きつつ、香里の仮説を発表する準備が整い、いよいよ保菌者騒動終結へのカウントダウンが始まろうとしていた。

https://kuroneko0920.com/archives/39580

 

92話

情報エネルギー

香里は自身が見つけた新しい概念をそう呼称し、それは人類が電気を発見したことにより人間の脳に電気が走っていることを解明したのと同じように、現代科学では説明できないものを説明可能にする科学史の新たな地平線だと宣言した。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

いずれ電気のように当たり前になるが、最初に存在に気づいた科学者が保菌者騒動を引き起こした最悪の人物だった。

 

宇宙誕生の瞬間は分からなくても、生命誕生がどうして起こったのか説明できるという香里。

鮫島がパソコンを操作し、モニターの画像が切り替わる。

 

テレビゲームの一場面を映し、多くの情報によってゲームが問題なく遊べるようになっている。

コップに入った水を示しながら、水たらしめる情報がこの中に無限と思えるほど入っているという。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

その水の説明で脱線しそうになり、知的好奇心をくすぐりながらも本題に軌道修正した香里は、宇宙の誕生時の状態について話題を戻し、では、どうやって原始の海から生物は誕生したのか?と質問を投げかけた。

 

晴輝たちは必死に説明に食らいつきながら、僅かな知識で質問の答えを出そうとするが分かるわけもなく、らぎ姉が現代の科学では偶然としか説明できないはずだと答えた。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

しばしのシンキングタイムの後、香里は答えを言った。

 

生物の存在しない分子の溶け合う海、または宇宙のどこかで自分の情報をやり取りしてある情報が合成された。それが進化を求める情報、進化情報を持つ分子で生命の起源であり、保菌者の原因だという。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

そして香里は、仮死から目覚めた後にその情報が視認できるよになったのだった。

 

大気に漂い、保菌者や人間にまとわりついていた光の粒

なぜ見えるようになったのか、その可能性を香里は三つ示した。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

自分が特異体質だった。

犯人に何かを仕込まれた。その場合、父である天宮教授が一番疑わしいことも隠さず付け加えた。

そして三つ目は、自分自身が犯人だが自己暗示で忘れているだった。

その可能性は蓮華が晴輝を疑った理由と一緒だった。

 

香里は自分が犯人だとしてその話を聞く危険性も示すが、科学者たちは最後まで説明を聞かずに席を立つ選択肢など最初から持っていなかった。

科学者たちが見せた興味津々の顔に香里もテンションが上がり、説明が再開された。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット