著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

終末のハーレム42話
ネタバレ感想

終末のハーレム修正前の漫画最新話、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

下級生にまで手を出し始めた翔太は、エリカをペットして飼い慣らそうとするも、一向に懐かれずに口論でロリ下級生を引かせ、妙な空気のままエッチした。

そして調子に乗ったツケがそろそろ回って来そうな頃合が近づいていた。

 

42話

テロリストの一味が生徒として紛れ込んでいるなど知る由もない翔太は、ショートカットの女の子に夜の誘いを断られようと全くめげなかった。

 

当番の女子が拒否るなら、他の女子を食べれば良かったのだから。

 

 

そういうことで、彼は一条に誘われ浴室へ。

まず脱衣場で脱ぎながら舌を絡め合い、彼女を脱がせてあげる

終末のハーレム修正前

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

最初に彼の部屋にお泊りして以来に脱がされた彼女にあの時のような羞恥心はなく、それは彼も同様で片足を上げて目の前に穴があろうともどうということはなかった

終末のハーレム修正前

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

そして次は、彼を脱がせてあげる番だった。

 

女子の浴場での密会なので、ゲスの彼もさすがにドキドキしていた。

終末のハーレム修正前

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

今更ながらタオルで前を隠しながら中へ。

大旅館のような大きなお風呂場に彼が感嘆の声をあげていると、先に待機していた女の子たちが待ち侘びた声をかけて彼を迎えた。

終末のハーレム修正前

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

一条が誘ったのだから、もちろん東堂と柊がいて当然だった。

 

準備万端さすがにスケベ椅子ではない普通の椅子を示す柊に、もはや屈めば爆乳で股間が隠せそうなほどの東堂はノータオルでスタンバイ

終末のハーレム修正前

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

いい気になりまくっている彼は、洗体サービスをお願いしようかなどと答えた。

 

 

ここからは紛うこと無きソーププレイだった。

 

現役女子高生たちがそれぞれの体つきを活かした極上のサービスが提供されるここは、女子寮の普段生徒が普通に使っているお風呂場だった。

 

まずは一条が股の間で彼の太ももをスライド洗浄し、柊は腕を優しく揉み洗い東堂は最高の感触の爆乳で背中の疲れを癒していく

終末のハーレム修正前

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

音も三者三様だった。

 

泡や水と共に愛液が混ざった一条のスライドはクチュクチュと弾むように、柊は腕にソープを刷り込むように優しく塗り塗りして軽く胸にタッチさせ、東堂は弾力と柔らかさを併せ持った中身の音を彼の鼓動とコラボさせるつもりで押し付ける。

終末のハーレム修正前

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

いつからか分からないが、感じていた彼も気持ち悪い喘ぎ声を漏らした。

 

洗体サービスは佳境に入り、先日のプールでドッキングに参加できなかった柊はここでその時の分の快感が欲しいとおねだり

彼はまるで成金の遊び気分でもちろんさなどと返し、景気づけにベロチューをかまし、彼女が塗りたくってくれたソープを股間の中に突っ込み、ぬるぬる成分を混ぜ合わせた

終末のハーレム修正前

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+