DUGA

 

場所は日本、UW日本支部のとある一室。

 

仲間を売って盤石の地位を築いた総務長官と相対していたのは、どこぞのヨーロッパかぶれパーティーに出席するのか、葬式帰りかという格好をした星野だった。

 

星野は促されるまま、緊張した面持ちでエントリーナンバー、名前、出身地、年齢を答えた。

終末のハーレム無修正

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

面接官を務めている長官は今回の演じる役「ボヴァリー夫人」の繊細の心の機微を演じられるかどうか確かめるため、いつもの気だるい感じで問いかけるが、星野はすかさず原作をよんでいることをアピール。

 

長官も履歴書の趣味の欄に読書って書いてあるもんね~と、どう答えるのか分かった上で訊いたのをわざわざ明かした。

 

この質疑応答に意味があったのかどうか、長官の面接をクリアした星野は最終面接に進む権利が与えられ、奥のドアを示された。

 

最終面接で何が行われるのか薄々察しているのか、星野は生唾を飲み込んでから立ち上がり、奥の部屋に向かった。

 

 

星野が消えてから伸びをして肩をほぐした長官は、こんな回りくどいことをさせたのも翔太がバックにいるからだと強調した。

 

今回のドラマキャスティングに星野をねじ込んだのは、着々とステップアップして民生長官に就任したカレンだった。

 

元々キャスティングの権限があったから大変な裏工作でもなかったらしいが、カレンが自分の領分に入ってくるのはさすがにいい気分がしないらしい。

そんなことに構わず、カレンは更に何かお願い事をぶっこむつもりだった。

終末のハーレム無修正

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

一方、奥の部屋に入った星野は豪華なベールを覆っているシーツの隙間から中に入り、驚愕した。

 

そこで準備万端待ち構えていたのは、雰囲気が変わっていても明らかに翔太だったからだ。

 

人工的に大人になっただけで余裕まで持てるようになった翔太は、やっと見た目も追いついた同級生の服装を褒めるが、直接そう言わずに脱ぐよう促した。

 

 

一枚シックなドレスを脱いだ星野は、なんともそそる下着を身に付けていて、ガーターベルトも忘れない完璧な出で立ちだった。

終末のハーレム無修正

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

ここは、あの時の約束を果たす場所だった。

 

ウイルス発生前から幾年、下着登校や屋上でのプレイから幾日、ついに翔太のベッドに乗った星野は、彼が約束を守らないゲスでないことを願った。

終末のハーレム無修正

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

余計な前戯もなく、余裕を保ちながら一方的に楽しむ翔太を見て、星野はまるで元イジメられっ子とは思えない違和感たっぷりの雰囲気を感じた。

 

翔太は自分をどんどん求めて愛してくれる取り巻きガールズとのラブラブ乱交も楽しいが、自分を蔑んでいる女を屈服させて犯すプレイもまた一興だと感じながら、星野の中に突っ込んだ。

終末のハーレム無修正

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

一方、火野の寵愛を受けながらも一向に妊娠する気配のない玲奈は溜息が止められず、なぜ自分だけという思いに囚われていた。

 

その弱っているところを見逃さずつけこむのが、野心たっぷりのカレンだ。

 

火野さえも利用しようと考えているのか、これでもかと含みのある微笑みで元女優に初接触したのだった。

 

 

感想

終末のハーレム58話59話でした。

今週からずっとなのか、初っ端からモザイクがかけられていますね。

コミックでだけ取り払われるとしても、それはそれで加筆修正等と加えて楽しみではあります。

ともあれ善は人智を超えた精力を手に入れたのと引き換えに自我を失い、満足できなくなってしまったんですね。

終末のハーレムを読むならこちら