最新おすすめコミック
「みだれうち1,2,3」ネタバレ無料。テニス部エース美少女が後輩に堕とされ中出し連発!ヤリチンサッカー部に穴出張!

みだれうち1話2話3話
ネタバレ感想

みだれうち1話2話のネタバレ最新話エロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・サイクロン。

テニス部エースの北村香織は全国にも名を轟かす絶対的エースで、顧問も部の問題にはおんぶに抱っこ。

そして、最近サボっているある後輩を任されてしまったことから、爛れた青春に堕ちていく…

おすすめエロ漫画はこちら

 

みだれうち

テニス部のエースだからって、最近顔を出していない後輩の佐々木の様子を見に行くよう顧問から頼まれた香織。

 

問題を押し付けてくる顧問には堪ったものじゃないが、幼馴染みの正也はいつも傍にいてサポートしてくれるので、感謝しながら佐々木の家を訪ねた。

 

悪い噂が流れている佐々木はここ最近、セフレの亮とのセック〇にハマってヤリまくりで、テニスどころじゃなかったのだ。
みだれうち

 

 

そんな時に香織が訪ねてきたのを見て、もう尊敬の念もなにもなかったので、この爛れた性活に引きずり込んでやろうと考えた

 

 

家の中に招き入れると、亮のそそり立つチン〇を舐め上げ手コキしているところを見せつけ、もうテニスなんて頭にないと伝えた。

 

そしてけしかけられた亮も遠慮なく、真面目先輩テニス女子の張り十分なデカ乳を露わに。
みだれうち

 

 

二人がかりで責め立てられた香織はあっという間にぐしょ濡れにさせられ、無理やり処女膜を突き破られてしまうのだった。

 

抵抗も空しく、媚薬クリームを膣口に塗りたくられてからまた挿入されると、痛みがかき消え気持ち良さに支配されてよがり、しっかり動画撮影されてしまう。

 

佐々木のアナルクリームと乳首舐めの同時責めも加わり、初セック〇にしてラストは騎乗位でイかされた。

 

 

まさか話しに行っただけでレイ〇されているなんて思いもしてない正也は、香織のユニフォーム盗撮画像を見ながら股間を膨らませていた
みだれうち

 

 

 

佐々木と亮に初めて犯されて以来、香織は正也と帰ることも減っていき、二人のおもちゃになっていた。

 

しかし、正也の誕生日だけは一発だけで勘弁して欲しいと頼んだ。

 

すると佐々木は自分にテニスで勝てたら解放すると条件を出したが、もちろん全国区のエース香織はハンデをつけられた。
みだれうち

 

 

それは、膣とアナルにバイブを入れながらのプレイだった…

みだれうちを読むならこちらみだれうち

みだれうち2

毎日のように犯された香織は、日ごとにテニスのパフォーマンスも悪くなっていった

 

中出しは当たり前、ピルのせいで身体も重く、乳首はどんどん敏感になっていき、犯されているという感覚も徐々に消えて放課後セック〇が日課に感じ始めていた。
みだれうち2

 

 

そんな矢先、さすがに香織の様子から単なる勉強会ではないと怪しんだ正也は、週末のお泊り勉強会に自分も参加することをねじ込んだ。

 

佐々木が参加を許可した裏に、ある企みがあるとは知る由もなく。

 

 

 

案の定、単なる奥手な包茎男子でしかない正也は、計算された佐々木のパンチラと天然の香織パンチラで、ずっと勃起しっぱなしのまま勉強タイムを過ごすことになった。

 

夕食後、香織が最初にお風呂を譲ってもらってリビングから出て行くと、少しずらして亮もトイレだと嘯き、洗面所で香織に襲いかかり、半日で溜め込んだ性欲を一気にぶつけ始めた。

 

そして正也の勃起に気づいていた佐々木は、それを指摘して童貞を戸惑わせ、流れるようにフェラして3発もぶっこ抜いてあげたのだった。

 

その時、香織もシックスナインでたっぷり注ぎ込まれていた。
みだれうち2

 

 

その夜、同じ部屋で寝た香織と正也は、彼女から誘う形で初めてセック〇した。

 

そして、隠しカメラでモニタリングしていた佐々木たちは、3発抜かれたばかりの正也に全然硬さが足りないので、お互いに満足できていないのを見抜いていた。

 

佐々木はあえて正也とセック〇する状況を作り、亮のたくましさと比べさせた上で、香織から求めて来させようと企んでいた。

 

 

 

みるみるテニスのパフォーマンスが下がり、顧問からもレギュラー降格を言い渡されてしまう香織。

 

そのタイミングを佐々木は見逃さず、悪魔の囁きをしながら膝でいじり、追い込んでいった。
みだれうち2

 

 

お泊りの夜以来、正也とはセック〇していたがほとんどイケていなかった香織は、ついにダブルスペアの励ましも後回しにして週末の試合をサボり、佐々木家に自分から訪ねた。

 

 

ギリギリまで迷っていた香織は、ユニフォーム姿のまま二穴責めで思う存分イカされまくった
みだれうち2

 

 

そしてついに、クソビッチ佐々木よりも下に堕ち、もう先輩扱いされることもなくなったのだった…

みだれうち2を読むならこちらみだれうち2

 

 

みだれうち3 サッカー部合宿編 前半

香織は隙を見つけては佐々木たちともヤリまくりながら、彼氏の正也とも放課後に毎日ヤリまくっていた。

 

もちろん正也とでは満足できず、本当の快感は3Pで乱れまくって得ていた。
みだれうち3 サッカー部合宿編 前半

 

 

そんな生活を送れば成績も落ち、テニスからも離れて取り柄というものがなくなっていく。

 

そんなある日、女子マネ不足のサッカー部から助っ人マネージャーをして欲しいという要請がきた。
みだれうち3 サッカー部合宿編 前半

 

 

ペアで親友でもある早川や正也からも勧められた香織は、現状を変えるためにも久しぶりに太陽の下で汗を流してみることにした。

 

 

サッカー部の合宿に参加し、質の悪い部員たちにさっそくこき使われて走り回ることになったが、さすが元テニス部エースだけあって、他の女子マネに比べたら相当に役立つことができた。

 

しかしこのサッカー部は、裏ではヤリたい放題のクズの巣窟だった。
みだれうち3 サッカー部合宿編 前半

 

 

実力至上主義は当然として、部費が少ないサッカー部は二軍三軍からのカンパで成り立っており、実力も足りない金も取られる彼らのストレスを解消する役目として、女子マネが性処理することがお約束になっていたのだ。

 

持ち込まれた酒。

調子に乗るクズ男子ども。

レギュラーに彼氏がいる女子マネたちも、なんだかんだとノリノリでチン〇を咥えている。

一緒にお風呂でスッキリソーププレイ。
みだれうち3 サッカー部合宿編 前半

 

 

本番は無しというルールだが、むせかえる男の臭いとガツガツした愛撫、ガチガチの肉棒で攻められたら、香織もド淫乱の本気テクを無意識に出してしまっていた。

 

そして、二軍三軍を束ねるトップクズに狙われてしまう。

 

 

佐々木は名実共にテニス部のエースになろうとしているのに、香織はかつての後輩の位置に落ちぶれようとしていく。

 

そして性欲で盛り上がっているトップクズに告白され、疼いたマン〇に抗えずに生挿入を許してしまうのだった…
みだれうち3 サッカー部合宿編 前半

 

 

感想

みだれうちでした。

かなりの高クオリティ、流れるようなNTR、地味に佐々木亜美のフェラのエロさ、リアルなパンチラ、香織は言わずもがな、おすすめシリーズです。

次回作は、いよいよダブルスペアが巻き込まれそうですね。

みだれうち3 サッカー部合宿編 前半を読むならこちら