おすすめ漫画・動画サイトの広告掲載中
最新おすすめコミック
「ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない」ネタバレ最新23話24話25話26話。犯されるより反撃の覚悟を胸に!

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない23話24話25話26話
ネタバレ感想

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われないのネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

後ろ手に縛られた水死体は果たしてゾンビか、それとも人か。

市役所内で起き始めた不審死、行方不明、それはやはり悪意に満ちた人間の仕業だった…

 

紹介作品の目次

23話

市役所を襲撃した武装グループは容赦なく次から次に手をかけ、深月を始めとした女性たちを人質として生かし、武村たちに連絡して交渉を始めた。

 

 

武村は強気に唯々諾々と要求を飲もうとせず、深月も犯人グループの人数と武器を叫んで伝え、屈しない意思を示すが、相手は人殺しを屁とも思わない狂ったメンタルの持ち主ばかり。

 

特にリーダー格はゾンビだろうが人だろうが、まるで実験感覚で切り刻める異常者で、それはパンデミックのせいでそうなったのか元々の願望だったのか本人のみぞ知るところ。

 

 

それでも武村は脅しを取り合わずに悪態を吐いて嫌悪感を伝えまくるが、それは人質がまた無残に殺される結果に繋がってしまう。

 

 

元よりドライで自己中心的で見返りに身体を要求し、いい身体の可愛い子とは言えゾンビをも犯すような男。

 

それが武村の本質の一部であり、この世界で人間同士での殺し合いでストレスを感じさせられるのは我慢ならないことだった。

 

この状況は知性を持ったゾンビがつけ込むには絶好機。

 

 

そう察した武村は船を奪われるのを避けるため、車の鍵を渡して銃の隠し場所を仲間に伝えて殺し合いはお好きにどうぞと突き放そうとするが、果たして深月や牧浦も見捨ててしまうのか。

 

 

 

そしていつ殺されるかも分からない牧浦は、スキンヘッドの欲望の捌け口にされようとしていた。

 

 

その胸糞悪いレイ〇に待ったをかけたのが深月で、トイレに行かせてくれと申し出て邪魔したことで、もう一人のゲスが深月に狙いを定め、結果的にスキンヘッドが見張っている間にゲスが個室でヤルという流れになった。

 

牧浦のため、身代わりに名乗り出た健気な女子高生。

 

 

しかしただ守ってもらうだけの自分を顧みた深月は、武村に倣って外道共に反撃する機会を作り出すために油断を誘ったのだった。

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われないを読むならこちら

 

24話

油断を誘って銃を握りしめた深月。

 

初めて引き金を引くことはできたが、さすがに命を奪うことまではできなかった。

 

 

それでも勇敢な子供たちのおかげもあって、テロリスト共の魔の手から脱することができたが、続けざまにゾンビの群れに取り囲まれてしまう…

 

25話

知性体が誘導したのか、市役所はゾンビに包囲されてしまう。

 

窓の鍵を開けて入って来ようとするほど、人間とさして変わらない知性と判断力があり、パニックに陥る人々を見た武村は、人々を導いて安心安全を維持する計画が崩れていく様に、ハマっていたものからフッと冷める感覚を覚えた。

 

しかしもう、深月や子供たちを見捨てられるほど自分さえ良ければとは思えず、防衛隊の一人に加わるが、ゾンビを誘導している中にハーレイ・クインのような奴がいて…

 

26話

ゾンビ集団の襲撃は数人程度で止められるものではなかった。

 

暗い中、ドアを破って突っ込んでくるゾンビに致命傷を与えられない武村の焦りも募り、頼みの綱の襲われない体質も他の誰かと一緒にいては恩恵が薄い。

 

更にさっきまで仲間だった奴がゾンビとなって襲いかかってくる光景に恐怖が伝播し、士気は下がり、その隙を知性体のハーレイ・クインが狙ってきたのだった…

 

 

感想

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない23話24話25話26話でした。

人の敵は人、最も恐ろしいのは人だというのがよく分かるし、これは未来永劫変わらない本質なんだろうと思いますね。

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われないを読むならこちら