ゆらぎ荘の幽奈さん43話ネタバレ感想

文化祭当日を迎えた湯煙高校。

幽奈を劇に組み込むことになったコガラシのクラス。

その前に狭霧が最初にサービスしてくれる。

 

 

おでかけ服の呑子

もちろんゆらぎ荘の面々は文化祭に遊びに来ていた。露出度が全くない呑子を見るのは初めてかもしれない。でも、冬服姿が可愛い

 

その頃雲雀は積極的にコガラシを誘っていた。しかし朴念仁はフラグを回避する。

 

ぶらぶら見て回っていると、占いの館を発見。今度こそとコガラシを誘う雲雀。二人の姿に幽奈を気遣う千紗希。果たして幽奈の思いは気になるが、千紗希自身はどうなのだろうか?

 

 

そこの占いの館の主はうららだった。思い切って二人の相性を訊きたかったが、それでは告白も同然なのではと躊躇してしまう雲雀。

 

どないしよーと頭を抱えていると、悩みの行く末を占ってやろうとうららが提案。違う意味で恥ずかしい胸の悩みをバラされ焦る雲雀。

お詫びに誅魔忍御用達の霊符を授けられるが、そっち方面の予感しかしない。

 

[ad#co-2]

 

一方、狭霧のウェイトレス姿をおがみに来た面々。高校の文化祭にしてはかなり攻めている。

 

そしてお決まりのチンピラ風情。千紗希は濡れ濡れにされて、マジでブチ切れる五秒前。

 

そこにイケメンコガラシ登場。いつぞや彼に吹っ飛ばされた経験があるチンピラはあっさりと態度を改めた。

 

そしてバックヤードへ。またも無意識のイケメン行為に及ぶコガラシだったが、それはうららから授けられた霊符だった。

 

カチューシャとニーハイを残して弾け飛んだ。分かってらっしゃる!

 

 

この後は舞台「人魚姫」でございます。

 

 

感想

ゆらぎ荘の幽奈さん43話でした。

控えめに抑えたのは、次はもっと弾け飛ぶと考えていいんでしょうね。もちろん仲居さんや呑子も弾けるんでしょう。

きっと分かってらっしゃるでしょう。

 

[ad#co-3]