DUGA

無人島JK!ちょろいよ吉村さん!
ネタバレ感想

無人島JK!ちょろいよ吉村さん! の漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、ネタバレ、感想、あらすじ、エロ画像、結末、無料で読む方法を紹介。

 

修学旅行中の高校生たちが乗っていた船が事故に遭い、何とか数人がとある無人島に流れ着いた。

女一人、男子三人。

男子たちは役に立たず、自衛官を父に持つ吉村さんは見事のサバイバル術で生活の基盤を作っていくが…

おすすめエロ漫画はこちら

 

 1~ぬけがけ寝取り編~

罠を仕掛け、イノシシを捕獲し、捌くことまで難なくこなす吉村さん。

 

男子たちは彼女の能力におんぶに抱っこで助けられ、父譲りのサバイバル能力や格闘術を畏れと羨望の眼差しで見ていた。

 

 

とある無人島に漂着して1週間。

 

吉村さんに頼りっきりだった男子たちは、彼女について少しずつ理解していった。

 

年下の彼氏がいて、この事故には巻き込まれていないこと。

散歩してくると言って焚火から離れて一人になれば、水辺で全裸になり水浴びをすること

陰毛はちょろりと茂り、胸は服を着てても十分に分かる美巨乳だということ。

つまり、理性を揺るがすエロい身体つきだった。
無人島JK!ちょろいよ吉村さん! 1~ぬけがけ寝取り編~

 

 

そしてその夜、男3人一緒に覗き見た彼らは、小屋の端っこで吉村さんがもう寝ていると思い、いかに彼女がエロいか、この島生活が始まって何回オカズにしたか競い合い始めた

 

そして、気が大きくなった彼らは性欲に負けて襲うことで意見を一致させたが、誰か一人が真剣にそれを止めたのだった。

 

 

夜が明けるとさっそく、吉村さんは尤もらしい理由で別居を宣言

 

彼らはさすがにレイプしようとしていた話を聞かれたと思い、彼女を頼らずに食料捕獲を始めたが、まるで何も手に入らなかった。

 

 

獣捕獲は諦めて木の実探しに切り替えると、一人が吉村さんを発見。

 

彼女は砂浜に打ち上がっていたクルーザーを生活拠点にしているようだった。

 

するとクルーザーが揺れ出したのでまさかエンジンを修理したのかと思い、急いで駆けつけると、吉村さんは一心不乱にオナニーしていたのだった。

 

股をおっぴろげ、くぱっと広げてトロトロマン〇が丸見え。

 

もう彼は我慢できずに飛びかかったが、あっさり返り討ちにあって気絶させられてしまうのだった。

 

 

目が覚めると平謝りし、レイプを止めたのは自分だと明かすと、吉村さんはそこだけ感謝してくれた。

 

彼はまた我慢できなくなってキスすると、今度はそこまで拒否されず、吉村さんは頼りない彼でもカッコいいと感じ出した。

 

彼氏がいるからと予防線を張っても結局押し切られた吉村さんは、パンツが透け透けになるほどぐっしょり愛液を分泌させ、彼の膝が股間に当たると可愛い声を出してしまう
無人島JK!ちょろいよ吉村さん! 1~ぬけがけ寝取り編~

 

 

サバイバル生活で異臭レベルになった彼のチン〇を差し出されても、逆に可愛い彼氏のチン〇も臭かったことを思い出して愛しくなり、吉村さんは気づけば先っぽをペロッと舐めて根元までじゅぽじゅぽフェラし始めた

 

彼が彼氏持ちの吉村さんの口を奪ってやったことでゾクゾクし、あっという間に口の中に射精し、タンパク源だからと言って飲み込ませた。

 

その後はもう、めちゃくちゃセック〇するだけだった。

 

 

学校では話したこともなかった女子とやっちゃってるし、ぬるぬるおマン〇の中は気持ちいいし、揉みたくてしょうがなかった巨乳は揉み放題だし、最高としか言いようがなかった。
無人島JK!ちょろいよ吉村さん! 1~ぬけがけ寝取り編~

 

 

それでも最後は、なんとか外出しに持っていった。

 

でも彼氏と比べさせるのは、さすがにイラつかせてしまったようだった。
無人島JK!ちょろいよ吉村さん! 1~ぬけがけ寝取り編~

 

 

彼はどうにか救助が来るまで吉村さんとヤリまくりの日々を過ごしたいと思い、他の二人にバレないように通い夫を提案。

 

結局、我慢できずにオナニーしちゃうくらい気持ちいいことが大好きな吉村さんは手マンとピストンで潮を噴かされ、受け入れてしまうのだった…

ぬけがけ寝取り編を読むならこちら

 

 

2~野外で寝取り編~

男子だけでは相変わらず満足に食料を手に入れられていなかったが、吉村さんとヤっちゃった一人の彼は密かに彼女の元に通っていた。

 

吉村さんは干し肉なんかも作っていたのでそれを分けてもらいつつ、腹が満たせればクルーザーの中にしけこんで、しっぽりエッチスタート

 

彼氏への愛は消えていないみたいだったが、気持ち良さにも逆らえないみたいで、腰を打ち付ければあんあん喘いで一緒に気持ち良くなれた。

 

 

しかし、さすがに彼と吉村さんの仲が明らかに縮まっているのに気づいた男子Bは何かあったのだろうと問い詰め、彼もとい、吉村さんとセフレになった男子Aはそういう関係になったことを白状した。

 

男子Bはぬけがけに怒ったが、干し肉をもらってきてくれたので、生きるか死ぬかのこの状況を考え許した。

 

だから男子Aも独り占めする気は消え失せ、クルーザーが揺れている時に突入してみろと教えてあげた。

 

 

そのアドバイス通り、さっそく突入したBが見たものは、はしたなく股をおっぴろげてオナニーしている吉村さんだった。

 

だから本当か嘘か、とにかく吉村さんとヤルために、レイプを止めたのはAではなく自分だと言い出し、彼女の警戒を解いた。

 

吉村さんはどっちを信じていいか分からず戸惑っているうちに、Bはキスをぶちかまし、彼女の罪悪感を刺激して、スケベな本性も利用して一気にペッティングまで持ち込んでいく。

 

Aとは違う乱暴ないじり方でも感じずにはいられなかった吉村さんは結局返り討ちにはせず、気づけばフェラまでし始めていた。

 

頭を押さえつけられてイマラチオになって口内射精されても、Aに教え込まれた通り、律儀にごっくん飲み込んだ
無人島JK!ちょろいよ吉村さん! 2~野外で寝取り編~

 

 

更にオナニーの途中だったせいで、ちょっとクンニされただけであっという間に軽く潮を吹かされてしまう

 

もう十分にびしょ濡れになったところでBは、夢に見た吉村さんの中に突っ込み、つぷつぷにゅるにゅるの感触に感動。

 

勢い任せで「君を守る」なんて言いながら好き勝手犯すという矛盾など無視し、乳首を強く抓みながら激しく腰を打ち付けていく。

 

それはそれで、毎日ヤリまくっていた吉村さんは気持ち良くて仕方なく、Bの白濁液をぶっかけられてしまうのだった。
無人島JK!ちょろいよ吉村さん! 2~野外で寝取り編~

 

 

しかし溜まりに溜まっていたBは、Aがやった分まで追いつくつもりで外に連れ出し、開放的な砂浜で野外バックからスタート

 

 

まさに島暮らしならではの獣じみた行為で開放感と色々な体位を楽しみ、吉村さんは特に恥ずかしい騎乗位でも、逆に恥ずかしさでゾクゾクしてイキまくった

 

 

汗と体液と砂まみれになった二人は、海に入りながら駅弁ファック。

 

吉村さんは一緒に生温かい海水が入ってくる妙な感覚にも感じずにはいられず、数えきれないほどイカされてしまうのだった。
無人島JK!ちょろいよ吉村さん! 2~野外で寝取り編~

 

 

そうしてBもセフレになり、森の中でもヤリ始めた矢先、吉村さんの水浴びを覗こうとしていたCが、二人のヤっているところを目撃したのだった…

野外で寝取り編を読むならこちら

 

 

3~みんなで寝取り編~

Cにとって吉村さんは唯一の女子ということもあって、聖母みたいな存在になっていた。

 

そんなところに、Bといやらしく野外エッチしているのを見てしまった日には心中穏やかではいられず、尾行し、吉村さんが壊れたボートに住んでいるのを見届けた後、一人になったBを問い詰めた。

 

そして、最初はAから始まってBもヤった流れを聞かされ、聖母像が崩れると共にズポズポよがり喘ぐ吉村さんを想像して興奮。

 

教えられるまま、ボートが揺れているタイミングで押しかけ、Cもオナニーの真っ最中を目撃したのだった。

 

そして他二人と同じように、自分がレイプを止めようとしたんだと明かしたまでは一緒でも、涙を流して愛の告白をした違いがあった。
無人島JK!ちょろいよ吉村さん! 3~みんなで寝取り編~

 

 

まさかの「好き」という言葉に、吉村さんはちょろ過ぎるほど鼓動が高鳴ってしまった。

 

あっさりキスを許すと他の二人よりも優しいと感じ、好きと言われれば流されて服を脱がされたわわな巨乳を露わにし、脇舐めからスタート。

 

ソックスを脱がされて汚いはずの足からペロペロ舐められ、ゆっくりふくらはぎ、太ももと上がってくるにつれ、じゅわじゅわ愛液を溢れ出させているアソコが見られると思うと、ドキドキが止まらない吉村さん。

 

いきなり局部にこない、優しい焦らしから一気にまんぐり返された恥ずかしい体勢でむしゃぶりつかれた吉村さんは、あっという間に愛液をほとばしらせてイってしまうのだった。

 

 

ビクビク震えて呼吸を荒くする吉村さんは請われるまま、未経験の初パイズリに挑戦。

 

チン〇全体を包み込むように挟み込み、谷間に唾を垂らしてにゅるにゅる擦り合わせると、Cは極上の感触に股間にゾクゾクを感じ、先っぽを舐めてとおねだり。

 

先舐めも最高に気持ち良くてあっという間に射精したCは吉村さんに顔射
無人島JK!ちょろいよ吉村さん! 3~みんなで寝取り編~

 

 

不意打ちの顔射で目を開けられなくなった吉村さんが後ろを向いて拭く物を探し始めた直後、Cはムチムチの尻に目を奪われて、顔を拭くのも待たずにバック挿入

 

いつもより敏感になっていた吉村さんは2ピストンで2回イカされる。

そしてCはあまりの気持ち良さに、生中出ししてしまうのだった。

 

 

まさかの中出しに怒りがこみ上げた吉村さんは、生でヤッたこともないし、他の二人もさすがに外出ししていたと言うが、Cは逆に初めて中出ししたのが自分なことに余計興奮し、しかもそれが知り合って間もない同学年の女子だと思うともっと興奮。

 

構わずバックピストンの続きを再開し、外に出してと言われても構わずまた中出し。

 

出しながらでも萎えずにピストンし続けるので、吉村さんは精子と愛液が混ざりあったコラボ潤滑剤の擦られ具合が気持ち良くて堪らず、まともな声にならない喘ぎ声を呻きながら連続中イキ

 

何発目かの中出しが終わってにゅぽっと抜いたところで、AとBもやって来て自分たちがまださせてもらってない生中出しを目撃。
無人島JK!ちょろいよ吉村さん! 3~みんなで寝取り編~

 

 

感じ過ぎて何も答えられない吉村さんに構わず、Bは他の二人に見られていても関係なく寝バックスタート

 

そうきたらAも恥ずかしがっている場合じゃなく、3人仲良く吉村さんの三つの穴を犯し始めたのだった。

 

 

開放的な外の草むらに移動して4P。

 

フェラ、膣、アナルの同時責めでそれぞれの締め付けを堪能。

騎乗位に体勢を変えさせたら一人は立ちフェラ、一人は脇に擦りつける。
無人島JK!ちょろいよ吉村さん! 3~みんなで寝取り編~

 

 

吉村さんは訳の分からないうちに、全身精液塗れにされていくのだった。

 

程なく我を取り戻した吉村さんだったが、相変わらずのちょろさで4人共同生活を受け入れ、助け合いながらも代わる代わる3人とヤリまくりの日々を送り始めた。

 

そんなある日、ついに沖に船が通っているのを発見して…

 

 

感想

無人島JK!ちょろいよ吉村さん! 3部作でした。

これは3部作予定になっているので、寝取り編はタイトル通りに一人の男子が寝取ったところまででした。

2話目の野外で寝取り編は、開放的なビーチ&海中エッチが楽しめる、無人島らしいエロが楽しめる内容になってました。

みんなで寝取り編~を読むならこちら
無人島JK!ちょろいよ吉村さん! 3~みんなで寝取り編~