最新おすすめコミック
「比羅坂日菜子がエロかわいい」ネタバレ最新4巻。どこからがセック〇なの?オナニー狂いのあの子と世界で二人きり

比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている4巻
ネタバレ感想

比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っているのネタバレエロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

日菜子の淫夢を見るほど、央樹と日菜子はずっと両想いでお互いをオカズにしていた。

しかし、同級生の巨乳眼鏡っ子の芥川が彼に興味を持ち、積極的にアプローチし始めた。

彼が芥川とデートして家にもお邪魔して、お風呂上がりの生尻まで見て、性的興奮で気になり始めている頃、日菜子は独自にこの街の歴史を調べ、そして彼に一番大切で敏感なところに触れられて…

 

比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている4巻

央樹に割れ目をグッと押し上げられた刺激で思わず可愛い声を漏らした日菜子は、彼が帰った後すぐにオナニーを始めた。

 

照れた彼の顔にまたキュンとして、捗って仕方ない。

 

 

しかしもうイクというところですべき話をしていなかったのを思い出し、慌てて電話をかけた。

 

 

彼も彼で日菜子の行動の意味が理解できず、芥川とのことが浮気認定されたのかと不安になっていたタイミングで、絶望しかけていた時だった。

 

かといって電話ならお互いに素直になれる訳でもなく、また日菜子は自分でお預けした直後だったので、ビデオ通話なのも構わず大胆にオナニーの続きを始めてしまう。

 

 

魔女にかけられた呪い。

 

それが二人を擦れ違いさせ続けているが、日菜子は調べて分かった神社に行って、事態を好転させようと思っていた。

 

 

 

後日の教室内、央樹の友達の眼鏡が唐突に心理テストをしようと言い出した。

 

 

女子のエロい部分を何でもいいから知りたい盛りの彼が持ちかけたのなら、それで分かるのはもちろん下ネタ方面で、日菜子たち女子数人も参加することに。

 

 

流行りの異世界転生したあなたは、危険な森で一晩を過ごすことになったが、一晩だけ動物に姿を変えることができる。

それは毒蛇、豚、烏、鹿、猫、うさぎのうちどれか?

 

それで分かるのは変態度で、銘々が選んだ結果、央樹はドS日菜子はドMだと分かり、以前にエロ自撮りを送られた彼は合点がいき、最高に相性がいいことにも納得した。

 

 

そしてドMだとからかわれた日菜子はその日の放課後、調べた神社に赴いた。

 

 

神道の作法に則り、道の真ん中を避け、手水舎で手と口を清め、お賽銭を納めて央樹とずっと一緒にいられるようにと神様に願いを届けた。

 

その祈りの最中、何かの視線を感じて周りを見ると、視線の正体は黒猫だったが、二本の尻尾に気づかず近づいた日菜子はいきなり飛び掛かられた。

 

その悲鳴を聞いた央樹が駆けつけると、ひっかかれそうになっていた。

 

 

駆けつけた彼が日菜子に触れた直後、猫は空中で止まり、彼女は尻餅をついた瞬間で止まり、満を持したようにチャイナ服の魔女が現れた。

 

 

子供の頃に祭りで会った時と同じく、世界が止まった状態での魔女との再会。

 

それなりに成長している彼は気圧されまいと気を張り、知りたいことを訊ねたのだが、それがムカついたらしい魔女は最も成長しただろう場所を躊躇なくわし掴んだ。

 

 

 

どうにか日菜子と子供を作る未来を残されると、風景が南国ビーチに一変し、魔女も水着になってリラックストークモードに入った。

 

 

とにもかくにも二人の愛を確かめるのが目的の魔女によれば、日菜子は今までに計3000回以上も彼をオカズにオナニーしているらしく、内容のバリエーションにも富んでいるという。

 

とんでもなくドスケベで性欲も凄くて、彼のアナル開発さえ妄想するほど色んなプレイを妄想し、飽きられるのを恐れている日菜子。

 

 

そこまで詳細に知っても、彼は求められるのが嬉しいし好きな気持ちは変わらないと言い切った。

 

そして、次は彼の質問にも一つ魔女が答えたところで順番が代わり、央樹が止まって日菜子の時が進み始めた。

比羅坂日菜子がエロかわいいを読むならこちら