(黒猫ブログは広告掲載中)
最新おすすめコミック
「シンママパパカツ」ネタバレ無料最新話。職場の女子とアプリで出会ったら性欲に従ってヤラせていただくことにした

シンママパパカツ~職場の女子とアプリで出会ったら~
ネタバレ感想

シンママパパカツ~職場の女子とアプリで出会ったら~のネタバレ最新エロ画像(raw/pdfは危険)、感想、配信サイトを紹介。

 

 

だってずっとヤリたかった相手なんだから、仕方ないじゃないか…

 

 

シンママパパカツ~職場の女子とアプリで出会ったら~

シンプルな服装。

ほとんど化粧っ気のない顔。

必要最低限の会話。

 

契約社員で入ってきた23歳の吉沢遥はクールでドライでとっつきにくい感じだが、美人、巨乳、プリ尻とスペックは最高レベル。

 

だから30代後半で素人童貞の斉藤は、事あるごとにセクハラ妄想で英気を養っていた。
シンママパパカツ~職場の女子とアプリで出会ったら~

 

 

そんなある日、一人飲みでイイ感じのほろ酔いになった勢いでパパ活アプリに登録してみると、サクサクとその夜のうちに近所でマッチングして会うことに。

 

そしてウキウキと待ち合わせ場所に行くと、ちょっと地雷系っぽい相手が先に斉藤を見て驚いて変な声を出した。

 

その瞬間ではまだ斉藤は気づかず、可愛くてラッキーてな程度。
シンママパパカツ~職場の女子とアプリで出会ったら~

 

 

しかし吉沢をじろじろ見てきた彼は、首のほくろで遅れて気づいたのだった。

 

 

ほくろ、声、もう誤魔化せなくなった吉沢はマスクを取って白状し、もう5歳の子供がいるシンママだと打ち明けたのだった。

 

 

シンママになった経緯はシンプルに、クズ男に孕まされたから。

 

残業がない契約社員で日中の生活を、寝かしつけてからパパ活で生活費の足しを。

 

彼女の実情を言いふらすつもりもなく、パパ活がきっかけだが援助の気持ちもありつつデートを重ねたいと思った斉藤。

 

それを、会社に黙っておく代わりともっと金を乗せるから性的サービスを求められたと思い込む吉沢。
シンママパパカツ~職場の女子とアプリで出会ったら~

 

 

彼はクズになるつもりはなかったが、彼女の勘違いを訂正せずに促されるままホテルに入り、早くも開き直ってクズになりヤルことにした…

 

 

感想

シンママパパカツ~職場の女子とアプリで出会ったら~でした。

飢える男が純愛を貫くかと思いきや、サクッと最低になる歯がゆさ。

ヒロインは今のとこ、クズ男にしか出会ってないようでお察しします。

シンママパパカツを読むならこちら