(黒猫ブログは広告掲載中)
最新おすすめコミック
「だぶるぷれい」ネタバレ最新4巻。夏の夕暮れのぶっかけ美少女3人…キスと口淫と手コキの濡れ透けフィニッシュ

だぶるぷれい4巻
ネタバレ感想

だぶるぷれい(raw pdf危険)のネタバレ最新エロ画像、感想、あらすじ、無料で読む方法を紹介。

 

草むらで味わったあの子の放尿、くっつけた性器。

後輩マネージャーのチラリズムに熱くなり、合宿ではM字開脚オナニーを目撃。

後は吹奏楽部員が交わればパーフェクトな訳で…

 

だぶるぷれい4巻

蘭の乳首をコリコリいじりながら、こすこす腰を動かして高めていく玉緒。

 

他に二人、笛吹と劔も二人の激しい交わりを覗き見るともなく感じながら、湿って疼いてこみ上げる性器を一心不乱にいじくった。

 

そして仲良くタイミングばっちり、玉緒のぶっかけと同時に絶頂に達したのだった。

だぶるぷれい
著者名:ムラタコウジ 引用元:だぶるぷれい4巻

 

 

誰もに訪れる賢者タイム。

 

劔は慌てて逃げ、先にオナっていた笛吹は我が変態性に打ちひしがれる。

 

そして並のカップルより遥かにいやらしいプレイをこなしている玉緒と蘭は、夕暮れのヒグラシの声を横目にそっと手を繋いだ。

 

女子の方が積極的で度胸と勇気がある関係性は二人の間でもそのまま、彼がクズ監督に不当な扱いを受けているのはもちろん気に入らないは、男子が燃えあがる最高のご褒美を設定した。

だぶるぷれい
著者名:ムラタコウジ 引用元:だぶるぷれい4巻

 

 

監督に一泡吹かせてレギュラーを取れたらエッチしよ

 

蘭もしたくて堪らないムラムラドキドキに襲われてる中での提案に、玉緒は強い勇気をもらった。

 

 

 

合宿最終日、玉緒は後輩の促されてバッピをすることにした。

 

一度はクズのせいで挫折し、復帰してからはヤル気も実力も一目置かれている玉緒。

 

元々はリトル時代にも知る人ぞ知るピッチャーだった玉緒の実力は本物なのだが、暴君が来たら楽しめる野球も束の間で終わるしかない。

 

しかし蘭のご褒美が欲しい今日の玉緒は違い、クズに自分の尊厳を認めさせ、大人の階段を登るために勝負を持ちかけたのだった。

だぶるぷれい
著者名:ムラタコウジ 引用元:だぶるぷれい4巻

 

 

三振か打たれるか、尊厳を認めさせるか退部か。

 

仲間たちの応援も背に受けながら白球を投げ込んだ玉緒は、見事に暴君おっさんを抑えることに成功。

 

ハラハラしながら見守っていた美少女3人は、まさにカッコ良すぎる有言実行にキュンキュンしっ放し

だぶるぷれい
著者名:ムラタコウジ 引用元:だぶるぷれい4巻

 

 

しかし約束も守らないし上の立場にい続けたいだけの、最も教育関係に不適合なおっさんは、ジャッジしたキャッチャーをぶん殴ると言う傷害事件を起こし、止めに入った部員たちも殴り返すという凶行。

 

時代錯誤のヤンキーが恥をかかされて暴れ回っているだけの状況に一番切れた玉緒が、仲間を守るための拳を思わずぶち込んでしまい、いい年してるはずのおっさんは一発KOの尿漏らしで、普通なら二度と学校に来れないだろう恥を上塗ったのだった。

だぶるぷれい
著者名:ムラタコウジ 引用元:だぶるぷれい4巻

 

 

 

それでも何がどうなったのか、おっさんがあることないこと言い訳してそれを腐敗した隠蔽第一事なかれ主義の教育機関が鵜呑みにし、停学罰を食らったのは玉緒だった。

 

 

一人家で悶々としながらふて寝して、気づけば虫の声で目が覚めた夕暮れ時。

 

いつからそこにいたのか蘭がベッドに座っていて、気まずく挨拶を交わすや、彼女からの命令で何故かゲームに興じていく。

 

そうしながら彼は自然と勃起し、彼女は至極真っ当に慰めてあげて、部活の汗ばんだままで優しいキスをかますと、玉緒の一発に責任を感じている蘭はそのまま不器用で甘くて熱烈なキスをしながら押し倒し、彼のどうしようもないという勃起にも気づいた。

 

そして激しい衝動のままに彼への気持ちを伝えるように、愛しい先っぽにも舌を這わせた。

だぶるぷれい
著者名:ムラタコウジ 引用元:だぶるぷれい4巻

 

だぶるぷれいを読むならこちら